マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年5月26日  授業風景

清水正先生特別講義

こんにちは、事務担当の岩田です。

 

先週末は1回生・2回生合同で特別講義を行いました。

お越しいただいたのは、日大芸術学部教授で文芸批評家の清水正先生です!

 

IMGA0117

講義テーマは「ドストエフスキーの『罪と罰』について」です。

ロシア文学なんて読んだことが無い、自分に読めるとは思わないという人でも

読んでみたくなるようなお話を沢山していただきました。

 

IMGA0118

こちらの写真で清水先生が手に持っていらっしゃるのは手塚治虫の『罪と罰』です。

『罪と罰』は漫画化・映画化・舞台化・・・と色々な形で知られている作品なので

なじみのあるジャンルから接してみるのもよいですね!

 

清水先生、お越し頂きありがとうございました!

関連記事

<319320321322323>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。