アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月24日  ニュース

みるみるうちにみるみる変わる― 体験授業オープンキャンパス報告

IMG_9258

10人いれば10通りの「読み方」「見方」があります。

アートプロデュースの最初の一歩は、自分の見方を伝えること。

他の人の見方を聞くこと。そこからアートの楽しみ方がどんどん湧き出てきます。

 

6/22(日)の体験授業に参加いただいたみなさん!アートプロデュース学科の授業はいかがでしたか?

 

IMG_9247

1本の短いマンガをみんなで読み、思ったこと、考えたことを話していきましたね。予備知識は不要。正解もありませんでした。自分の思ったこと、感じたことを、他の人にも「伝わる言葉」にして、そして、他の人の見方、読み方を聞いていく。マンガでこんなに盛り上がるなんて!

 

見れば見るほど、“見え方が変わる”不思議な体験を通して、「アートをみる楽しさ」をつくるアートプロデュースの極意を習得いただけたのではないでしょうか。

 

【授業を受けたみなさんの感想】  一部ご紹介します~

 

★親しみやすい教材から入り、この学科におけるコンセプトをよく知ることが出来た。

★一つの作品をこれだけじっくりみる、聞く、話す、考えるということは普段ほとんどしない。実際やってみてすごく楽しめた。

★普段考えもせずみていた作品について、あらためて考える面白さを知ることが出来た

★自分の意見をちゃんと聞いてもらい嬉しかった。また、他者の意見を聞くのが思いのほか楽しかった。

★作品をみながら、全く違う視点で見れることに気づきました。

★みんなの考えを聞いて、自分の見え方が変わっていく瞬間を感じることが出来た。

★他人の違うことを言っても恥ずかしくないし、むしろ楽しくよい刺激になった。次回もよろしくお願いします。

★他に無いコースなので、好奇心と不安があったが自分が求めていた学科かもしれないと思った。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【予告】

7/13(日)体験授業オープンキャンパス開催!!

今回を逃したみなさん。まだまだ体験授業あります!もう一度体験したい!!というみなさんも大歓迎ですよ。

 

「写真を編む=アートをみる」

私たちの身の回りにあふれる写真。雑誌や広告でみるだけでなく、自分で写真を撮ることも当たり前になりました。実は平凡な写真も、魅せ方次第で「決定的瞬間」に変えることができるのです。みせ方で魅せる術を教えます。

 

アートプロデュース学科<ASP学科>の授業を体験できるチャンスです。

概要、申し込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<293294295296297>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。