美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年9月26日  ニュース

【日本画】揉紙&金箔実習

こんにちは。

日本画研究室です。

 

今日から1年生の揉紙と金箔実習がはじまりました!

まずは菅原先生と青木先生によるデモンストレーション。

 

▼濃いめに溶いた絵具(今回は緑青)をあらかじめ墨を塗って乾かしておいた紙にざっくり塗っていきます。

 

▼絵具を乾かし、紙を外側から内側に向けて丸めて揉んでいきます。

 

▼揉んだ後広げると、しわになった所は絵具がとれて下地の墨色が見えるようになります。

揉紙については昨年も記事にしましたのでよろしければ以下のURLからご覧くださいませ。

http://bixko.net/news/20131025172421/

 

そして次は箔のデモンストレーション

▼まずは金箔を「あかし紙(ロウ紙やバレンで極薄く油を引いた紙など)」で箔あかしをします。

 

▼画面に膠を引き、あかした金箔を慎重にのせていきます。

 

軽くおさえてあかし紙をゆっくりと持ち上げたら箔押し完了です。

 

ふたつの特殊な技法を使いこなして学生はどのような作品を仕上げてくるのでしょうか…!

作品完成が楽しみです。

 

 

p.s

twitterはじめました。ID:@kznhng

こちらもよろしければフォローよろしくお願いします。

 

日本画研究室blogはこちら

 

 

 

関連記事

<361362363364365>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。