情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年11月20日  ニュース

【受賞情報】卒業生が木津川アート市民賞受賞!

情報デザイン学科イラストレーションコース卒業生であり、現在は研究室スタッフでもある端地美鈴さんが、11月2日から15日まで京都府木津川市にて開催された「木津川アート」の最終日に木津川市長から市民賞を与えられました。

 

木津川アートは京都府木津川市の地域密着型のアートイベントで、2010年より開催されています。

 

今回端地さんは招待作家として独特の手法である消しゴムの消しカスとドローイングによるアニメーションを作成、そのテーマは「5:00evening」。

kizugawa_hashiji

 

会場はNTT西日本山城木津別館、今ではほとんど使われなくなったこの古いビルで働いていた女性をモチーフにこどもの頃の思い出と5時に職場のドアを閉める様子がほのぼのと描かれています。同時にアーティスト「くるり」のメジャーデビュー15周年記念シングル「Remember me」( NHK「ファミリーヒストリー」テーマソング)のミュージックビデオが上映されました。

 

5evening01:13

5evening04:040

5evening09:19 5evening11:293 5evening14:010

 

作品を見たこどもからお年寄りまで沢山の人々が暖かい気持ちになれた結果、投票数が1位で市民賞に輝きました。

 

いそがしい研究室業務と平行して、しっかり制作も続けている端地さんのこれからの活躍にも期待ですね!

 

 

木津川アート公式ホームページ

 

木津川アートスタッフブログ

 

スタッフ:クリタ

関連記事

<401402403404405>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。