美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年12月1日  ニュース

【BUKATSU】油画SPECIAL★ Enjoy 紙版画

11月22日(土)、秋の部活の第2回目が行なわれました。

担当は清水博文先生です。

この日はとてもいい天気!大学内の紅葉もきれいに色づいていました♪

紙版画_1

今回のBUKATSUは紙版画!

ということで、まずは身近にある「版画」のお話から。。

「ステンシル」や「シルクスクリーン」という言葉を聞いたことがある人も多いのでは?

「はんこ」だって版画の一種なんですよ!

写真で先生が持っているのは千円札。紙幣はエッチングの技法で作られています。紙版画_2

 

紙版画に取りかかる前に、いろいろな版画の参考作品をみました。

紙版画_9紙版画_3上の2つの写真は、紙版画の「版」です。紙に紙を重ねたり、ボンドを塗ったり、ボールペンで描いたり。

いろいろな凹凸によって「版」が出来るんです。

紙版画_11紙版画_10

紙版画_6すご~く集中して制作されていました!版が出来たところで少し休憩です♪

 

そして、いよいよ「刷り」の工程へ。

紙版画_12

 

紙版画_8紙版画_14

紙版画_7紙版画_15

↑ 左の写真は版の状態。右は刷りあがり。思い通りに出来たかな?

↓ こちらは先生の作った見本。すてき。

紙版画_13

 

いろんな色のインクを使ったり、プレス機を使って刷ったり、「(小・中)学校で習った版画とイメージが全然違った!」と感想を頂きました。

 

 

美術工芸のBUKATSUでは、いろんな素材や技法に触れることが出来ます♪

是非、参加してみてくださいね!

 

詳細はこちらから * 秋・冬のBUKATSU

申込はこちらより * 美術部申込

 

関連記事

<322323324325326>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。