マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年12月10日  授業風景

【絵画技法Ⅲ】積み木で街並みをつくりました

絵画技法Ⅲという授業の様子をご紹介します。

 

絵画技法Ⅲは絵画における制作の認識を学ぶ授業です。

各自のテーマの中で、色、構図、展開についての認識を深めます。

 

 

今回はマンガ学科のラウンジで積み木をしました!

授業をご担当して下さっている、秋山先生手作りの特製積み木です。

 

様々な形の積み木を自分で選んで構成を考えていく。

小さい頃は無意識にただ遊んでいただけでしたが、積み木は構図と展開を考える良いトレーニングになるアイテムです。

 

 

たくさんの積み木!テンションが上がりますね!

マンガ家は遊び心が大切なので、こういう時は皆真剣に遊びます!

 

P1100983

 

P1100995

 

 

P1100994

 

 

沢山の積み木の中から選んでそれぞれ積み上げていきます。。。

 

 

出来上がったのが、こちら!

P1110006

 

設定としては、この町が一般市民たちが住んでいるところで

 

P1100988

宗教施設もあるらしいです。

 

P1100987

 

そして、机の上にそびえ立つ豪華な建物は、町を支配している悪い人たちのアジトだそうです!笑

P1100996

 

 

 

P1100989

アジトへ行く道にはマンガも使われています!

 

 

P1100985

 

そして、町を攻めようとしている戦車たち。

P1100990

面白いなあと思ったことは、

お城や街並みをつくったのは女子なのですが、戦車を黙々と作っていたのは男子で

やっぱりつくるものに違いが出てくるという発見です。

 

私は屋根がついた積み木を見て、お城をつくりたいとしか思わなかったのですが

その屋根部分を戦車の攻撃する部分と見立てて組み立てる発想の展開に驚きました!

(私の発想力が足りないと言われればそれまでなのですが…)

 

 

それから、お城や戦車ではない自由な発想の積み木作品たち。

 

P1100995

 

P1100992 P1100993

 

P1100999 P1110001 P1110002

 

 

中国からの留学生は、龍?を作っていました!(国でもつくるものの違いが出てきますね…!)

P1100998

 

 

 

私も参加したい気持ちをぐっと抑えて、研究室から積み木が出来上がっていく様子を見守っていました。

 

男女の違い、国の違いも面白かったのですが

やっぱりつくられたものは、つくった学生にどこか似ていて

なんだか微笑ましかったです。

 

 

(副手:齋藤)

 

 

 

 

関連記事

<306307308309310>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。