舞台芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2014年12月12日  学生紹介

卒制ブログ12/11より「《緊急》器 -ustuwa- ブログリレー! 第4弾」

お疲れ様です!!

 .
本日のブログを担当させていただきます、ダンサーの日種春華です!
 .
本日はついに1ステージ目!
長い長い稽古の末迎えたこの日は
ダンサーみんなにとって、とても特別な1日となりました。
 .
13時からのゲネプロはお客さんも入ったので、実質2ステージという感じでした。
IMG_2914
舞台というのは本当に生ものだと、改めて強く実感しています。
その時に起こることが毎回変わり、瞬間瞬間をどのように過ごすのかがとても重要であり、
どう生きるかが問われる60分です。
 .
この60分の中にどれだけの夢が詰まっているか、どれだけの奇跡がねむっているのかを、ダンサーが確実に60分を生きることによって客席に届けられると私たちは信じています!
 .
というより、演出家がそれを一番信じて待ち続けているのだと、私は今日改めて強く思いました。
 .
約半年間、この卒制公演に向けて、私たちは本気でぶつかり合い、本気で自分自身と向き合い続けてきました。
そして、1ステージ目を終えた今でも、まだ先を信じ、全力でぶつかり合っています。
 .
私たちは本当に不器用で、それぞれの価値観に混乱しながらも、ずっとずっと諦めずここまで来ました。
 .
私たちが過ごした時間は確実にここにあります。
 .
それを、舞台上から客席に、全力でぶつけていきたいと思います。
 .
明日は2ステージ目。
 .
最後まで奇跡を信じて全力で
座組み全員で挑んでいきます。
.

関連記事

<187188189190191>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。