映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年1月12日  ニュース

卒制合評1日目

2014年度卒業制作合評が1月11日Aスタジオにて行われました。

 

0112-2

 

1日目に発表された卒制作品は以下の通りです。

 

伊藤組『いろんなにおいのワカモノだ』

井浦恵太『遊んで暮らす』(シナリオ)

城間典子『ふるまいの映画』(プロジェクト)

生松組『ただよう』

荻島組『ロケーション・ハンティング』

 

最後に自主制作の飯田組『31』も上映されました。

 

0112-3

 

講評は専任講師以外に非常勤である鈴木卓爾監督、青山真治監督、プロデューサーの直井卓俊さんも参加され活発な意見が交換されました。

 

0112-4

関連記事

<677678679680681>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。