文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年3月17日  ニュース

Storyville 読書会ー「月と六ペンス」レポート

sumamicon

 

 

先日、久しぶりのStoryvill 読書会が

D&Department KYOTO 食堂にて行われました!

 

今日は、その様子をお伝えします。

 

 

_DSC0070

 

今回の読書会の本はサマセット・モームの『月と六ペンス』です。

司会は『砂漠の青がとける夜』で作家デビューされた
中村理聖さんにしていただきました!

 

_DSC0018

 

「Storyville 読書会」とは、みんなで1冊の本を読み、

それぞれの感じたことや、考えたことなどを語り合う会です。

決して難しい議論をするのではなく、お互いどう本を読んだのか意見を交換しながら、

一人の読書では気づかなかったことを見つけたり、さらに深い読みを探すことのできる読書会なのです。

 

今回は一般の方々や、文芸表現学科の学生、先生、卒業生と

たくさん集まりました。

 

最初は緊張していたのですが、

自己紹介と本を読んでの簡単な感想を話していくうちに

だんだんと打ち解けていきます。

 

_DSC0029

 

緊張が解けると、みなさん、本好きというだけあって

司会の中村さんが少し振っただけで、どんどん意見が出てきます(笑)。

 

_DSC0087

_DSC0120

 

 

 

そして興味津々にお互いの意見や感想を聞き合います。

 

_DSC0032

 

 

 

意見を聞いて、そして本を読み返し

再度、読みを考え直す…。

 

_DSC0102

 

 

私自身も読書会が終わった頃には、最初に読んだ『月と六ペンス』とは

全く違う、新しい『月と六ペンス』の世界がありました。

 

 

とても盛り上がった、今回の読書会。

次回の読書会も楽しみで仕方ありません!

 

_DSC0114

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

 

 

 

 

 

関連記事

<210211212213214>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。