文芸表現学科

日常風景

  • LINEで送る

2015年4月8日  日常風景

ようこそ、文芸表現学科へ!

 

 

今年は文芸表現学科に36名の新入生が入学してくれました!
新入生のみなさん、入学おめでとうございます。
早速ですが、学内の利用施設や文芸表現学科のことを知ってもらうために
先日、新入生の学科ガイダンスとキャンパスツアーを行いました。

 

_DSC0052

 

まずは学科ガイダンス。
全員で自己紹介をしたり、文芸表現学科の授業カリキュラムの説明をしました。

_DSC0024

 

_DSC0029 _DSC0047

 

次は新元先生のキャンパスツアー!
最初は文芸表現学科の研究室から。

 

研究室には事務カウンターや教員ブース、
学生が自由に過ごせるスペースがあり、毎日とてもにぎやかです。

 

_DSC0059

 

また併設されたパソコンルームや、
ミーティングのためのプロジェクトルームなどもあります。

 

パソコンルームにある本棚には「百讀(ひゃくどく)」という授業で使う本や、
先生、卒業生の作品などがずらりと並んでいます。

 

_DSC0067

 

次は学内にある施設をぐるっと回り、屋上を目指します。

 

屋上を目指す途中。
ジョギングが趣味の新元先生が
「よし! 屋上まで走るぞーっ!」といきなり走り出しました!
そのため全員で階段ダッシュをするはめに(笑)

 

_DSC0078

 

みんな汗だくになって階段をのぼり、
大学内で一番綺麗な景色がみれる松麟館の屋上へ到着しました。

この日は桜も満開で天気も良く、とても気持ちが良かったです。

 

_DSC0101
最後に全員で記念撮影!

これからの4年間、楽しくしっかり学んでくださいね。

 

_DSC0111

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<208209210211212>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。