こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2015年4月11日  イベント

なかよくなりたい。

きょうはこども芸術大学の入学式が行なわれました。

こども芸術大学のキッチンの上の壁には大きな魚のレリーフ作品があります。

3月の卒業式の時にお母さんたちが、その魚のレリーフの隣に

「またあいたい」という言葉を飾りました。

それをきょうの入学式にあわせて年長になった女の子が

「なかよくなりたい」にしたいと言い出したそうです。

4月からこども芸術大学の芸術保育士になったばかりの

こども芸術学科卒業生の小林織香さんが女の子が書いた文字を

切り抜く手伝いをして張り替えたそうです。

早速、織香先生頑張っています。

FullSizeRender 4

そして、可愛い新入生さんたちの入学式も無事に終えて、

引き続きお祝いの会が行なわれました。

お祝いの会では、学生の和太鼓チームによる祝奏と

学生サークルやんちゃく連のお兄さん、お姉さんたち

によるお餅つきが行なわれました。

 

あれ!見た顔が・・・と思ったら、やんちゃく連のメンバーの中に

こども芸術学科の1、2回生がお餅つきのお手伝いに来てくれていました。

子どもたち大好きなメンバーです。

みんな揃って、パチリ!法被姿もお似合いですね。

FullSizeRender 5

 

美味しいお餅がつけるかな?

FullSizeRender 2

周りのかけ声にあわせて年長の女の子と2回生の北岸さん。

FullSizeRender 8

 

やんちゃく連のお兄さん、お姉さんと子どもたちでついたお餅は、

年中、年長児の子どもたちが丸めました。

そして、キッチンでスタンバイの年長、年中児のお母さんのもとへ。

なかなかの連係プレーです。

FullSizeRender 7

FullSizeRender 6

 

 

こども芸術学科とこども芸大学は

今年も「なかよくなりたい」です。

よろしくお願いします。

 

(梅田美代子:教員)

関連記事

<233234235236237>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。