空間演出デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年6月16日  イベント

一日体験入学がありました!

 

 

先日、体験入学がありました!

空間演出デザイン学科は空間デザインコース、ファッションデザインコースの

ふたつのコースに分かれて体験授業を行いました。

 

まずは両コース共ひとつの部屋に入って、学科長の植島先生と副学科長の廽先生から

空間演出デザイン学科とはどのような学科なのか、

今回の体験入学でどのような経験をしてほしいのか等お話がありました。

 

そしてコース別で授業が始まります!

 

◎空間デザインコース◎

「みんなで作る光の空間」

空間デザインコースではケント紙とコピー用紙といった

どこにでもある素材を使って灯りのオブジェを作ります。

ただの灯りのオブジェではありません!

自分たちの暮らす街の良いところを表現し紹介できるような灯りを作ります。

 

アイデアスケッチをしてどんな作品を作ろうか考えていきます。

制作の時間は限られているので、自分の街のどのような部分を引き出して魅せるか皆悩んでいました。

 

DSC_0010

 

アイデアが固まるとケント紙に鉛筆で下書きをしてカッターナイフで切り取っていきます。

 

工業地帯の街に住んでいる子は歯車を大きく書いてみたり

バラが有名な街に住んでいる子は人の横顔でバラの花びらを表現してみたりと

色々な街の作品ができあがりました。

 

最後はみんなでオブジェの中にLEDライトを入れて点灯式を行いました!

できあがった作品をみんなで見て、お互いの作品の良いところを見つけてくれたかと思います。

 

IMG_4147

 

 

 

◎ファッションデザインコース◎

「Make Mistake(Accessory)」

 

ファッションデザインコースでは用意された

雑誌の写真、イラスト、本の文字などを使ってアクセサリーを作りました。

たくさんの材料の中から自分の作りたいイメージにあった材料を選んでいきます。

 

DSC_8562 DSC_8546

 

限られた時間なのでみんな黙々と作業をしていました。

材料をシートの上に配置してレジン液をつけてUVライトで固めたら完成です。

 

DSC_8573DSC_8549

 

元々かわいくて、おしゃれな完成された素材からアクセサリーを作るのではなく

今回の体験授業では雑誌の切り抜きや余ったビーズやリボン、古紙などからアクセサリーをつくりました。

完成された素材からかわいい物を作るのは誰でもできます。

限られた素材の中でどうやってかわいい、おしゃれな物を作るのか。

体験授業を通してみんな学んでくれたのではないでしょうか。

 

 

7月にも1日体験入学があります!ぜひお越し下さい★

7月の体験入学についてはこちら!

 

 

関連記事

<186187188189190>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。