空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年7月3日  授業風景

【空間演出①】SOU・SOU/貫頭衣

 

 

今回は3回生の授業風景をご紹介します!

 

空間演出①という授業では京都のブランドSOU・SOUの若林剛之先生のご指導の下、

貫頭衣を制作した後に展示販売を行うという授業です。

 

貫頭衣とは、布の中央に穴が開いており、

その穴から頭を通し着脱衣をする

簡単な形をした衣服のことです。

 

 

 

 

今日は若林先生にアドバイスを貰いながら合評とともに

貫頭衣の販売価格を決めていきました。

 

DSC_8791

作品をボディーに着せ、値段を決めているようす。

 

 

これらは7/17(金)~20(金)に京都市内四条付近にて

期間限定で展示販売する予定です!(※詳細は後日告知します。)

 

 

 

 

ここで学生の作った貫頭衣の一部を写真でご紹介。

れんこんをスタンプにして作られた可愛らしいテキスタイル。 連続してパターン化されることで一体感がでていますね。

れんこんをスタンプにして作られた可愛らしいテキスタイル。
連続してパターン化されることで一体感がでていますね。

 

 

こちらはビビッドに染められた生地の上に点線のようなストライプの柄が。 よく見ると一部だけ刺繍が施してあります!素敵ですね。

こちらはビビッドに染められた生地の上に点線のようなストライプの柄が。
よく見ると一部だけ刺繍が施してあります!素敵です。

 

 

 

こちらは青と白の組み合わせが涼しげで夏らしいテキスタイル。

こちらは青と白の組み合わせが涼しげで夏らしい柄のアイテム。

 

 

 

展示まであとすこし。

どんな期間限定ショップになるか楽しみですね。

 

関連記事

<184185186187188>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。