情報デザイン学科

卒業生が西友のCMを制作!

今日は卒業生の活躍をご紹介します!

 

皆さん、TVCMはもちろん今までにご覧になったことはありますよね。

それが実はクライアントと言われる広告主から、さまざまな注文がある中で

つくられていることはご存知ですか?

この秋、スーパーマーケットの西友では広告専門誌「ブレーン」との共同企画で、

CMのテーマ以外の制約をほぼゼロにしたらどんな広告が生まれるだろうかという

『ゼロ動』というプロジェクトを立ち上げました。

全部で6本のCMのうち1本を手がけたのが2013年3月に情報デザイン学科を卒業した

富永省吾さんです。富永さんがクリエイティブディレクション+企画+

アートディレクションを手がけ、同じ会社のプランナーの綿野賢さんと二人で

取り組まれたCMは、学生時代日常的にお弁当をつくってもらった経験のある人なら、

誰でもぐっときてしまう静かに心に染み入る映像です!

 

ゼロ動/「HANDMADE HOMETOWN」

『東京で暮らす6人の若者達と、テーブルに並べられた6つのお弁当。
それらのお弁当は、それぞれの実家から届けられたものだ。
故郷を離れた今でも、彼らは日々食べていたお弁当を探し当てることができるのか。』

 

 

実際に出演者それぞれのお母さんに6つずつのお弁当をつくってもらって撮影した、

仕込みなしの検証動画で、富永さん自身もうまくいくかどうかドキドキの撮影だったそうです。

本当に素敵な3分間なので、ぜひ皆さんも見てみてくださいね。
seiyu2 seiyu3

 

 

 

うーん、これを見て私も母にまたお弁当をつくってもらいたいなと思いました。

 

こんな素敵なCMを作られる富永さんの記事は、

以前にも紹介しましたので

良かったらこちらの記事も読んでみてください。

 

スタッフ:クリタ

<341342343344345>