こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月13日  授業風景

秋の収穫祭 

今、こども芸術大学では10月に刈った稲の脱穀作業を毎朝少しずつ行っています。

 

そして新米も田んぼのおじさんに持ってきていただいたので、今日は新米と秋の収穫を祝う

収穫祭を行いました。

IMG_5955

 

新米を祝うお神輿巡行を一緒にしてくれるために学生サークルのやんちゃく連さんが来てくれました。

 

IMG_5957

まずは、真っ白なお神輿にそれぞれの想いや願いを書いたものを貼っていきます。

IMG_5992

IMG_5984

「おひさま おこめありがとう!」と書いていますね。

IMG_6002

IMG_6004

頂上に稲の束を飾り、完成です。

賑やかなお神輿が出来上がり、子どもたちも早く担ぎたいとわくわくしていました。

IMG_6058

「おみこし わっしょい わっしょい わっしょい」

みんなで担ぎ、教室内を練り歩きます。

IMG_6026

IMG_6042 IMG_6054

無事にお神輿巡行をしたあとは、新米を自分でおにぎりにしていただきます。

IMG_6067

「おいしいね」

「もう一個つくってもいい?」

 自分でにぎったシンプルな塩おにぎり、とてもおいしかったようです。

IMG_6061

 

そして今日の午後はお茶会の日だったので、籾(もみ)を炒って玄米茶をつくり、柿とともにいただきました。

IMG_6077

「おかしをどうぞ」

 

「ありがとう」 

IMG_6094

今日は1日かけて秋の収穫をお祝いできました。

 

そうそう、おやつの柿を山のおサルさんにおすそ分けしたいと言っている子もいましたよ。

瓜生山の実りの秋を動物も喜んでいるでしょうね。

 

(村井)

 

関連記事

<109110111112113>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。