美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月23日  授業風景

【染テキ】綴れ織り完成間近!!!

2年生の綴れ織りが終盤にさしかかってきました。

今年のテーマは身体の一部。

たんだん、どこの部分を織っているのか見えて来ました。

 

P1020852 P1020854 P1020857 P1020858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中さんの色の組み合わせ、とっても綺麗です。
ちなみに背中の傷を綴織りで製作中。
オモシロいデザインです。

 

P1020866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げに入っています。

裏側の糸の処理をしています。

 

P1020862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に完成!

はじめての綴れ織り。

 

細かい作業がずっと続きました。

織り機から離れられないし、ずっと座っての作業でしたし。

辛かった〜!!!という声をあちらこちらで聞きましたが、

やっぱり出来上がった時の喜びはそのぶん大きかったようです!!!

 

くる〜と、1周織り室をまわっていたら、

3年生の村上さん、なんか新しいことしてる????

 

P1020870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、今年から帯専門の岡本先生に来て頂いているのです。

 

おぉ。ミニミニ綴れだ!!!と思わず興奮してしまいました。
京都西陣の絹糸を使った綴れ織りで帯はとても有名ですね。

 

P1020871

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、村上さんが挑戦しているのは、絹の綴れです。

羊毛よりもほそーい糸をピンピンに張って、光沢のある絹糸で絵柄を出して行きます。

テーマはクロワッサンと松。絹糸を使っているので、とても日本っぽい色が出るのですが

モチーフがクロワッサンなので、そのユーモアさがとてもオモシロいと思いました。

クロワッサンと松のシルエットが似ているところも良いですね。

 

P1020873

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい作業をやってみたくて、この技法にチャレンジしているんですと、村上さん。

どんな展開になるでしょうか?

 

完成が楽しみです。

 

 

関連記事

<212213214215216>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。