美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月27日  授業風景

【染テキ】たばた先生と木村先生の特別講義(本番の日)

後期もたばた先生と木村先生が本学に来て下さいました。

さて、今回はどんなマジックが生まれるのでしょうか??

 

P1020786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日までに用意した布。たばた先生の折り技術をぐっと近くで見せて頂きます。

 

P1020787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピシっとした、折り目。流石です。

 

P1020789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、みなさんもやってみましょう。

 

P1020793

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布を畳終わったら、紙を挟みます。

 

P1020795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板挟みとはこういうことを言うんですね。

布が身動き撮れない状態になっています。

 

P1020799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は木村先生の担当です。

染めの世界では、今もなお、絞り専門、染め専門、整理専門と

いろいろと分かれて作業をさせています。

木村さんは染色がご専門。スレン染料を使って染めていきます。

 

 

P1020811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張の時です。布を開ける時まで、どんな模様が出るかわかりません。

 

P1020819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、みなさんもやってみましょう。ハザルさん、初めての板締め。

 

P1020827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柚原くん、どうでしょう。

 

P1020836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お披露目タイムです。
ジャーーーン

 

P1020828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの作品はどうでしょうか?

 

P1020829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わ〜。素敵な柄がでましたね!

 

P1020845 P1020839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部そろったので、講評会です。

 

P1020824

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回のたばた&木村賞はなんと、デニさんのこの作品に決まりました!!!!
本人が一番びっくりしたそうです。嬉しい驚き。おめでとうございます!!!

 

 

 

関連記事

<211212213214215>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。