キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2015年11月2日  イベント

カナバングラフィックス特別講義!

 

 

こんにちは。副手のノブモトです。

 

今月24日(土)、なんとあのウサビッチなど、

多くの個性的なアニメーションでおなじみ

「カナバングラフィックス」代表取締役 富岡聡氏をお迎えし、

特別講義を行っていただきました!

 

 

IMG_7269

「ウサビッチ」がどのようにして誕生したのか?

どのようなワークフローでアニメーションが制作されているのか。

脚本の設計の仕方など、

今まで読まれてきた参考資料も含めてたいへん丁寧に教えていただきました。

 

 

IMG_7283

 

独創的なあのキャラクターが生み出されてからそれがお仕事につながったのかと思っておりましたが、

配信媒体・キャラクターデザイン・方向性・作品の長さなどなど・・・

クライアントからの色んな制約・要望からウサビッチの作品の形につながっていること分かりました。

 

アニメーションにおけるキャラクターデザインや美術のお話で

クライアントの求めるもの、必要なものを全て取り入れられて初めて

自分の個性を出すことを許される、というお話が大変印象的です。

 

実際に内定したかたのポートフォリオも見せていただいたりと、

リアルなお話に学生だけでなく教職員もかじりついて聞いていました。

 

 

 

 

富岡さんの経歴をプレゼンされる際にも、プレゼン資料にウサビッチのイラストが入っていているのが可愛らしく、冨岡さんのこだわりや遊び心を随所に感じることが出来ました。

 

3DCGデザインやアニメーション会社に就職した卒業生も来て当日は名刺交換をしていました。

みんなが今後、一緒に仕事が出来るような機会があれば本当に素敵だなあと思います。

 

 

 

 

 

IMG_7301

 

さらに学生の作品も多数、直接講評していただきました。

 

以下、参加した学生のコメントを紹介します。

————————————————————————————————————————

私は3DCGのモデリング、アニメーション、テクスチャについて講評をして頂きましたが、どの部分についても論理的にかつ具体的に分かりやすく改善点を教えて頂きました。

また、それぞれ改善点について詳しく知りたいなら、とオススメの書籍をご紹介くださいましたので、ご講評と合わせてこれからのスキルアップに生かしていきます。

————————————————————————————————————————

 

 

富岡さん、有意義な時間をありがとうございました!

 

関連記事

<260261262263264>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。