美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年11月9日  授業風景

【染テキ】4年生本気モード!

お!4年生本気モードに入りました!

12月の合評に向けて、火がつきました!

 

P1020950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西薗さんは、天蚕糸を使った織物を研究中です。
インスタレーションを使った作品形態を目指しています。

今回は、組織を取り入れてみました。

天蚕糸なので、光の反射で模様が見えないのでは?と思ったのですが、

実際見てみると、なかなかオモシロい表情が現れていいます。

 

完成が楽しみの1つ。

 

P1020929

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大淵柚子さんはいつも着ている自分の服を作品のモチーフとして選びました。

このネコちゃんのテキスタイルを見ると。

「あ。柚子さんだ。」とちょっと嬉しくなります。

作品コンセプトが気になる作品ですね。

 

 

P1020931 P1020932 P1020934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020949P1020946

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなもそれぞれに形が見えて来ました。

教室に作品が並んで行くと、やっぱりわくわくします。

合評まで日にちが少なくなって来ましたが、みんな焦らずに計画通りに作品作り頑張って下さい。

 

 

↓こちらは1年生織クラス

フェルトの授業が始まりました。

良いお天気だったので、この日はお外での授業です。

紅葉がはじまり、京都の秋は本当に気持が良いです!

 

フェルトの授業、みんなはとっても楽しかったようで、どんどんどんどんどんどん作っています。

あっと言う間に羊毛がなくなって…。

先生が走って買って来てくださったのですが…またまた材料がなくなりかけ…。

みんな、どんな大作を作っているのでしょうか?

 

P1020919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020916

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<216217218219220>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。