こども芸術大学

日常風景

  • LINEで送る

2015年12月4日  日常風景

午後のひととき

お昼ごはんを食べたあと、子どもたちはそれぞれ思い思いの遊びを展開します。

今日のブログではある日の午後の遊びを紹介しますね。

 

「私はお母さん役するね」

「うん、じゃあ私はお姉さん!」

ごっこ遊びが好きな年中の女の子を中心におうちごっこが始まりました。

 

ごはんをつくったり赤ちゃんのお世話をしたり、一日の生活を再現しています。

 

IMG_0107

 

奥のホールではどろぼうを捕まえて牢屋にいれるというごっこ遊びをしていました。

横になって寝ている年少の女の子を、今から牢屋に連れて行くようですよ。

IMG_0112

「よいしょ、よいしょ」

どういう設定なのか、寝ている女の子は一言も声を出しません。

遊んでいる子どもたちの間にだけある、不思議な共通認識の設定がおもしろく、聞き耳をたててしまいます。

IMG_0108

外のウッドデッキではお料理をしている女の子たちがいました。

こちらの女の子はカレーを作っているそうです。

さら粉に水を混ぜ、本当のルーのようなトロトロ感を作り出そうとしているあたりにこだわりを感じます。

IMG_0114

お話しをしながら小枝の仕分けをしている女の子たち。

IMG_0118

「ねぇねぇ、ちょっとこっちに食べに来て。チョコレートのホットケーキ作ったよ。」

声をかけてくれた年少さんについていくと、切り株の穴をお鍋にして、とてもおいしそうなものを作っていました。

IMG_0123

小さな赤い木の実を入れて、枝で優しくかき混ぜる姿は1人前のコックさんです。

 IMG_0125

みんながきゃーきゃー言いながら遊んでいる中、絵本コーナーの窓から見えるお地蔵さんをじっと見ている子もいました。

自分だけの静かな時間も素敵ですね。

IMG_0113

このようにこども芸術大学の午後は、あちこちで遊びが繰り広げられています。

たっぷり遊んだ後はみんなでさようならをします。

IMG_9664 IMG_9669

お母さんに抱っこをしてもらって、これでこども芸術大学の1日はおしまいです。

また明日いっぱい遊ぼうね!

 

(村井)

<8687888990>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。