こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年5月1日  ニュース

子どもとアート|こども芸術学科ニュース

 

富士山が世界文化遺産として6月に正式登録される見通しのようですね。

 

日本人の心の山として魅力的な山です。
新幹線の窓から富士山の美しい姿を見られたときには、なぜかうれしい気持ちになりますね。

 

そう言えば、私が担当した
こども芸術大学の創作の時間「ひかりのたからもの」でも
昨年まで在籍していたドイツ人の親子が
「フジサン!、フンカ!」と言いながら描いてましたのを思い出しました。

 

IMG_4330

line

さて、こちらもニュースです。

 

こども芸術学科の気づきの場、学びの場である、こども芸術大学の活動が
小学館からムック版「子どもとアート」に特集掲載されています。

 

こども芸術大学の活動DVDの付録つきです。素敵な映像ですよ。

 

子どもとアート1

3月に特別講義で来ていただいた香川県高松市のNPO法人アーキペラゴの

「芸術士のいる保育園」も掲載されています。

 

その他、日本のあちこちで芸術を軸にした特色ある保育をしている

保育園の取り組みのようすが満載です。

書店でぜひ、手に取ってみてください。

 

(梅田美代子/イラストレーション・グラフィックデザイン)

関連記事

<363364365366367>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。