こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2016年2月9日  ニュース

【2月9日】雨上がりのお山散策

昨日から朝は気温も低く、少し冬が戻ってきたような寒さの上、

今日は更に雨が降っていました。

 

そんな朝の時間では活動ルームで様々な室内遊びをしました。

渦巻きじゃんけん。

外と内でぐるぐると走り、出会うとじゃんけん。

負けると元の位置に戻って再出発。

「まけた~」「いそげ~」など子どもたちの賑やかな声が聞こえました。

 

こちらではカプラを組み立てて、大きなものを作っていました。

立派なものができていたので、こっそり撮らせてもらいました。

 IMG_3865

年長の女の子たちは、折り紙でネコやキツネ、キャンディーを作っていました。

IMG_3862

あっという間に朝の会の時間になりました。

朝の会が終わると降っていた雨も上がり、少し太陽が見えてきました。

そんな今日は、雨上がりの瓜生山をいつもとは違う道を通って散策しました。

 IMG_3775

IMG_3776

いつもは斜面や階段の整った道を歩いていくのですが

今日は木や根っこを掴んで登っていかないといけない急な斜面、

落ち葉もふかふかでいつもとは違う足元の感覚を楽しみながら登っていきます。

 

IMG_3780

今日は年長の女の子が年少の女の子と手を繋ぎ、リードしてくれました。

「ここはすこし、すべりやすくなってるからね」「ここをもったらのぼりやすいよ」などと声をかけたり

時には先に登って、上から手を差し伸べる姿も見られました。

IMG_3781

畑に行き、少しだけ野菜を味見しました。

IMG_3783

すっかり雨も止み、お昼からはウッドデッキで過ごすことができました。

IMG_3850

年長の子どもたちが「あと33にちしたら、もうこげいにこないんだよ。そつぎょうするんだよ。」と教えてくれました。

卒業、進級までもうカウントダウンが始まっています。

今のメンバーで過ごす残り少ない時間を大切にしていきたいですね。

 

(小林織香)

<6364656667>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。