こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2016年2月15日  授業風景

【2月15日】年長企画・お買い物

昨日は春のように暖かかったですが、今日は冬が舞い戻ったような寒さでした。

 

そして、そんな今日は年長の子どもたちとスタッフだけで近くのスーパーにお買い物に行きました。

というのも毎年、年長企画というものがあり、子どもとスタッフだけで年長の子どもたちが最後に何をしたいのか、

どこか行きたいところはあるのかを子どもたちと話し合い決めていきます。

IMG_4130

これは年長の女の子が年長ミーティングの時にメモを取ってくれたノートです。

事細かにみんなの声を拾い、聞いて書いてくれました。

 

今年も年長の子どもたちと話していると「おかあさんをびっくりさせたい」「ケーキをつくりたい」などという声が多くありました。

そこで今回はサンドイッチ風フルーツケーキを作り、お母さんや年中年少の子どもたちに向けおもてなし会をすることになりました。

どんなものを作るのか、作るためにはどんな材料が必要なのか、子どもたちで何度も話し合いました。

IMG_4097

そして今日はサンドイッチの中に入れる具材の果物を子どもたちと買いに行きました。

お母さんたちに見送られ出発です。

IMG_4100

しっかりとお友だちと手を繋いで歩いて行きます。

IMG_4107

IMG_4108

二人ペアを組んで、一つの食材を自分たちでお金を払って買いに行きました。

IMG_4109

IMG_4111

子どもたちと買い物に行くのは初めてだったので、子どもだけでなくスタッフもドキドキしていまいしたがレジの前で一列に並びます。

IMG_4114

店員さんに果物をお金を払い、しっかりとお釣りとレシートを受け取っていました。

IMG_4124

その姿を見て、いつもこども芸大で見ている子どもたちよりも少しお姉さんお兄さんに見えました。

IMG_4128

自分たちで買った物を大事に持って、戻っていきます。

お母さんたちには内緒の企画なので、こども芸大に近づきお母さんたちの姿が見えると「かくさなきゃ」

「ばれちゃうよ」なんて言いながら買った果物を服の中に隠している姿が見られました。

「おかえり~」「どうだった~?」とお母さんたちに聞かれると「したみにいってただけ」

「さんぽにいってたんだよ」と各々が嘘をついてごまかしていました。

その姿に大人たちは笑みがこぼれました。

 

明日はおもてなし会です。

どんなおもてなし会になるのか楽しみです。

(小林織香)

<6162636465>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。