こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2016年2月12日  授業風景

2月12日 生活発表会のお話

写真は朝の会でのワンシーンです。

IMG_3995
年長の女の子がスタッフをしたがえて、ある物語の歌を唄っています。

しかし、スタッフ含めて歌いだしの部分しか練習できていませんでした。なので、あとの部分は即興で乗り切ります。

それでも3分ほど歌いこめてしまう、役に入り込んだ女の子の姿に拍手が起こりました。

 

こども芸術大学の自由遊びの時間では、様々な遊びが展開されています。

ウッドデッキでテントを張る子どもたち。瓜生山の中腹にある畑まで畑仕事に行く子どもたち。室内で造形活動を行う子どもたち。

そんな子どもたちの1番楽しかったことをひとつの劇にしてみようということになりました。

 

今回は年長さんが中心となり劇の台本を作っていきます。

前の人のお話を聞いて想像をふくらませ、その後を考えて言葉をつないでいく形で話を形作っていきます。

円座になった子どもたちは緊張しながらも、順々に想いを言葉にしていきます。

そして、お母さんたちはその子どもたちの言葉を文字に起こしてくれました。

IMG_4006

IMG_4000

IMG_4003

IMG_4014

IMG_4039

IMG_4016

IMG_4010

IMG_4041

できあがった物語はなかなかの長編で、場面や時系列も雑然としたものです。これをどのように劇にしていくのか。

劇の本番は今月末を予定しています。なりきる。やりこむ。入り込む。

これらを合言葉に、こども芸術大学オリジナルの物語ができあがることを楽しみにしています。

IMG_4029

(村瀬浦人)

<6263646566>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。