アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2016年4月27日  イベント

いよいよ、ASPer2016はじまる!

 

ASPer_2016_ok_ol-01

 

いよいよ今週末4/29(金・祝)に、高校生・アート・サポーター・プロジェクト(ASPer)がはじまります。

先日のオープンキャンパスでアートプロデュース学科のブースに来ていただいたみなさん!音楽、演劇、ダンス、映画など、幅広い「アート」に関心のあるみなさん!もう申し込んでいただけましたか?

 

現在、アートの世界では、アートと社会をつなぎ、世界に働きかける能力を持っている人材が求められています。「作品」を制作するだけでは「アート」は成立しません。本プロジェクトでは、美術に限らず、音楽、演劇、ダンス、映画など、幅広い「アート」に関心のある高校生に、アートと人をつなぐさまざまな仕事を経験してもらうことで、社会の中で自分を活かしていく積極的な意識を育むことを目指します。

 

 

会場は、アートプロデュース学科(通称ASP)が運営するギャラリー・ARTZONEです。

 

_OMP5069_s

 

受講生は、アートを介したコミュニケーションを通して、異なる背景を持つ人々と話し合い、意見をまとめていく力を養うとともに、自身や他者の特性を見極め、チームでの役割を自覚し、集団を運営していく経験を得て、自らの将来の目標を明確化することが期待されます。また、本学科の学びを一足早く経験した受験生は、入学後は学年のリーダーとして活躍するでしょう。

先行きが不透明な現代において、若者たちは「自分の能力を社会に活かす」ことにリアリティを持てず、身の回りの小さな関係に閉じこもりがちになっています。そんな彼らを、着実に社会に一歩踏み出していける人材として育てたいと、私たちは願っています。

作品制作に限らず、アートやイベント運営などに関心のある方、他者とのコミュニケーション能力を伸ばしたい方など、本プロジェクトの内容に関心のある高校生の皆さんにぜひご参加いただきたいと思います。

 

_MG_6108

 

高校生アート・サポーター・プロジェクト(Art Supporter project)

通称:ASPer(エスパー)

 

■日程

 

第1回 4月29日(金・祝) 14:00-16:00

「アート」のサポーターって?

作品をつくるのはアーティスト。それを見るのはわたしたち。では、“アート”をつくるのは誰?

ひとりでも多くの人に作品を見て、楽しんでもらうために「アート」を作るサポーターになって見ませんか?

 

第2回 6月19日(日) 14:00-17:00

アートに会いに行こう!

京都の街なかでは、たくさんの「アート」が起こっています。ARTZONEと周辺のギャラリーをめぐりながら、さまざまなアートに会いに行きます。ツアー後はみんなで、それぞれの感想をおしゃべりしましょう。

 

第3回 7月17日(日) 14:00-16:00

展覧会の裏側ってどうなってるの?

展覧会の会場には、アート作品の魅力を引き出し、お客様に楽しんでもらうためのたくさんの工夫が仕掛けられています。それがどんなものか探してみませんか?

 

※参加費無料

※どの回からでも参加いただけます

 

PRESENT for ASPer

参加者にはアート・サポーターの証、ASPerバッジをプレゼント!

 

bag

 

 

会場

 

ARTZONE

京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1・2階

TEL:075-212-9676

http://artzone.jp/

(平日13:00-20:00/土日祝 12:30-20:00)

 

 

■申し込み方法

 

主な対象者:高校生(その他の方はお問い合わせ下さい)

下記に参加者のお名前/高校名/学年/参加希望日をご連絡ください。

 

京都造形芸術大学アートプロデュース学科

電話:075-791-9296  FAX:075-791-9429

e-mail:info@artzone.jp

 

※メールの場合は、件名に「ASPer申込み」を記載の上お送りください。

 

 

 

ASPer

asp

関連記事

<140141142143144>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。