映画学科

イベント

  • LINEで送る

2016年4月28日  イベント

北小路隆志先生セレクト「移民・難民映画週間」開催・レクチャーあり!@立誠シネマ

 

 

この度立誠シネマにて開催される「移民・難民映画週間」にて、
映画学科製作コース長で映画評論家の北小路隆志先生がセレクトした映画の上映・レクチャーがあります。

 

「移民・難民映画週間」
2016年5月7日(土)~5月13日(金)@立誠シネマ

 

北小路隆志セレクト作品:
アジアはひとつ』(1973年/日本/NDU(日本ドキュメンタリストユニオン)/96分)
NINIFUNI』(2011年/日本/真利子哲也監督/42分/出演:宮崎将、山中崇、ももいろクローバー)
★レクチャーは5月8日(日)15:10〜

 

x_imin_omoteB5

 

KYOTO GRAPHIEの出展企画〈マグナム・フォト/EXILE_居場所を失った人々の記録〉に呼応し、
「難民」「移民」を映す映画を特集。
識者3名(宗田勝也、渋谷哲也、北小路隆志)が上映作品をセレクトし、レクチャーを実施します。

 

世界における移民・難民問題の歴史的なパースペクティブと現在進行形の問題を照射し、
「難民性」がいまこの日本における私たちにとっても彼岸の問題ではなく、身近なものであることを明るみにします。

 

普段観れる機会の少ない貴重な作品ばかりです。ぜひ足をお運び下さい。

 

◎上映・レクチャーの詳細ならびにタイムテーブル等はコチラからどうぞ。

 

 

関連記事

<525526527528529>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。