マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月23日  授業風景

山下悦子さん特別講義

こんにちは。副手の齋藤です。

 

5月16日のアートビジネス・マネジメント理論Iで

編集者の山下悦子さんが特別講義をしてくださいました。

 

P1050943

 

山下悦子さんは、マンガ学科学科長の志賀公江先生の担当をされていた編集者さんです!

YOU、YOUNG YOUなどでお仕事をされた後、30代で集英社を独立されました。

 

 

P1050942

 

 

「編集者は、よく勘違いされるけれど

マンガ家とネタの出し合いはするが、原作者ではない。

編集者の役割は、うちに引きこもってずっとマンガを描いている

マンガ家のかわりの社会への窓口。

そして、マンガ家の才能を引き出すことがお仕事。」

 

 

編集者は一人で30人ほどのマンガ家さんを担当するそうですが

新人マンガ家さんを担当することは、一番最初から育てることになり

やりがいがあって魅力的なお仕事だとおっしゃっていました。

 

 

そして、編集者が持ち込みのマンガを読むときは

何か、「なんだろう?」とひっかかる個性のあるものに注目するそうです。

みんな自分の売りを持ってほしい、そうおっしゃっていました。

 

そんな気になる個性のあるマンガ家に、皆なってほしいですね。

 

 

山下さん、特別講義ありがとうございました!

 

 

関連記事

<374375376377378>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。