こども芸術大学

イベント

  • LINEで送る

2016年5月7日  イベント

5月6日(金) 田植えにいったよ

連休に挟まれた5月6日(金曜日)。

それぞれに休日を楽しんでいた親子がこども芸術大学に集いました。

今年も田植えの季節がやってきたのです。

 

それまではじりじりと暑さを感じる日が続いていたのですが、なんとこの日は雨模様。

こども芸術大学に集まった親子は、ポツリポツリと降る雨に打たれながらバスに乗り込み、静原へと向かいました。

 

バスの中では「家でてるてる坊主を作ってきたよ」という声が聞こえ、肌寒いにもかかわらず半そで半ズボンになり、バスを降りたらすぐ田んぼへ入ろうかという格好をした子どもたちの姿が目に入ります。あいにくのお天気でしたが、バスの中には田植えをするんだという子どもたちの気持ちが溢れていました。

 

田んぼの先生よりご指導

IMG_7324

年少さんの中には、田植えはもちろん、田んぼを身近で見るのも初めてだという子どもも多かったと思います。

そこで、今年も田んぼを貸してくださっている田んぼの先生より田植えの説明をしていただきました。

しかし、いくら言葉で教えていただいても、見るのとやるのでは大違いです。

雨がぱらつく中、参加した親子が苗を持って田んぼへと入っていきます。

 

せいので田んぼに入ってみよう

IMG_7311

1列に並んで田植えの開始

IMG_7312

お母さんとお父さんも真剣です

IMG_7315

泥は冷たくて気持ちがいいね

IMG_7316

お母さんと一緒に

IMG_7317

そっと苗を植えていきます

IMG_7319

年長さんは膝まで泥だらけになりながら田植えをします

IMG_7321

苗がちゃんと並んでいるか様子を見てくれています

IMG_7322

田んぼには生きものがたくさん

IMG_7320

雨があがったよ!

IMG_7327

雨降りも楽しいね

IMG_7332

みんなの想いが届いたのか、田植えをしている間は雨が止みました。

昨年までで田植えを経験をしている年長さん、年中さんはぐいぐいと田んぼに入っていく姿を見せてくれました。

これまでは入れなかったけど、今年は泥の中に足を入れられた子どももいました。それぞれの成長が見られる瞬間です。田んぼには子どもたち、大人たちの植えた苗がきれいに並び、風に揺れていました。

 

田植えが終わったやいなや、ぱらぱらと降り始める雨。近くにある神社をお借りし、雨をしのぎつつお弁当を食べ、無事田植え遠足を終えることができました。

 

帰りのバスにはやりきった気持ちが漂い、心地よい疲労感のなか、うとうとする親子の姿も見られました。

雨にも負けず、立派に植えきった子どもたち。

みんなが植えた苗が金色になり、頭を垂れるころ、今度は稲刈りを行います。

自分たちで植えた苗からお米をいただくことで、自然との接点がまた深まるのではないでしょうか。

 

稲刈りを行う10月をみんなで心待ちにしています。

 

(村瀬浦人)

関連記事

<4647484950>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。