こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2016年5月9日  授業風景

4月22日(金) 4月誕生会

先月、4月の誕生会の様子をお伝えしようと思います。

IMG_7077

 

4月は年長の男の子1人とお母さんが3人でした。

こども芸大でよく歌っている『カレンダーマーチ』を歌い、「4月は~・・・」というフレーズのところで誕生者がホールに入場してきました。

IMG_7028

司会は年中の女の子が1人でやってくれました。

まずは名前と年齢を聞いて、みんなで「おめでとう」を言いました。

IMG_7027IMG_7030

メッセージが終わると、プレゼント渡しと発表です。

IMG_7034

年長の男の子の発表は、なんと実験でした。

最近では自由研究の本を見ることが好きなようで、本の中から一つ選び、実験をしてくれました。

 

その実験というのは生卵を酢に漬けて”ぷよぷよたまご”の実験でした。

生卵を酢に2日ほど漬けておくと、卵の殻が溶けていくというのです。

 IMG_7037IMG_7040IMG_7038

大きなスクリーンに写真を映しながら、その時の状況を教えてくれました。

そして、なんと実物を持ってきてくれました。

発表を聞いていた子どもたちも興味津々です。

 

IMG_7045IMG_7044

実物を目の前にすると「どういうこと?」「どうなってんの?」と子どもたちの質問攻め。

しかし発表当日は殻が割れてしまい、上手にできなかったようです。

もう一度新たに実験をしているということも発表してくれました。

 

そして次の週の朝の会で発表をしてくれました。

そこには、殻が解けて半透明の卵がありました。

IMG_7179

少し透けていて、スーパーボールのような卵でした。

この発表には子どもだけでなく、大人も興味津々。

「卵ってこんなになるんだ~」という声も。

とても良い発表をしてくれました。

 

そして誕生会では子どもの発表だけでなく、お母さんも発表をしてくれました。

誕生者の子どもが「苺のケーキが食べたい」ということで、おやつは苺のケーキですが「実際のケーキだけではなく、そのケーキを作りという気持ち(空気)を贈りたい」

という声が母からありました。

IMG_7051IMG_7046

今回はケーキ作りの絵本の読み聞かせを元にケーキをジェスチャーで作る人、出来上がりのケーキの絵を描く人、折り紙でケーキを作る人。

ピアノの音楽に合わせて、とても心が安らぐ発表に子どもたちも口をぽかんと開けたまま、ずっと見つめていました。

 

午後はリクエスト通りの苺のケーキをみんなで食べました。

甘くて美味しいケーキでした。

 

IMG_7071IMG_7076IMG_7074

おたんじょうび おめでとう。

(小林織香)

 

<4445464748>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。