マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月17日  授業風景

授業の様子~文化概論Ⅰ~

こんにちは。

今週一週間、研修でマンガ学科のお手伝いをしている、新入職員の湯浅です。

今回は私が、マンガ学科の授業を紹介していきたいと思います!

 

今回紹介する授業は、『文化概論Ⅰ』、牛田あや美先生の授業です。

学生たちの表現の幅を広げるため、日本の大衆芸術文化の考察を行い、大衆芸術に関する知識を深めていきます。

 

今日のテーマは「表現の自由をめぐって 検閲とは」

『ブラックジャック』のマンガ、アニメ作品を比較し、

感じたこと、考えたこと、様々な意見を交わします。

P1050925

まずマンガから。

みんなで意見を交換します。

 

では、同じ内容のマンガが、アニメではどう表現されているのだろう。

アニメ『ブラックジャック』との比較へ。

P1050928P1050930

ここでみんな、

マンガがアニメになる過程で、物語のテーマがメディアの検閲によって、変えられていることに気がつきます。

マンガとアニメを比較してみて、この物語の本質は何か、メディアの役割とは何か、

みんなで考え、それぞれの考えを発表します。

 

ほとんどの学生にマイクが渡り、活発に意見が交わされていました。

マンガ、アニメそれぞれが制作された時の時代の風潮や、作者が本当に伝えたかったこと、

各メディア媒体の違いなどを深く考える、いい機会になったのではないでしょうか。

 

関連記事

<364365366367368>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。