マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年5月29日  授業風景

【特別授業】マンガ概論I

5/27の「マンガ概論Ⅰ」では、「りぼん」に「僕の家においで」を連載中の優木なち先生と集英社の編集部の方にお越しいただきました!

P1160356◎

優木先生のマンガ雑誌への初投稿は小学校6年生のときだそうです(早い!)。

そのときはどういう用紙に描いていいか分からず方眼紙にマンガを描いていたそうで、投稿後にマンガの原稿用紙が編集部から送られてきてその存在を知ったのだとか。

小6当時の先生の様子が想像されて微笑ましかったです。

しかし、小学生とは思えない画力にみんなビックリしました。

P1160306◎

その後は投稿を重ね(マンガよりも自分の恋に夢中な時期もあったそうですが)、高校3年生でデビューされたそうです。

デビューまでの道のりもそうですが、デビュー後の壁や担当編集さんとの関係性などにタメになることばかり。

売れっ子の先生でも日々努力されているんですねー。卵たちはそれ以上に努力しないとですね!

 

担当編集の方から教えていただいた画力アップやコマ割がうまくなるためのトレーニング方法は、すぐに試したくなる内容でした。

 

講義の後は一人ひとりにサインをいただいて、みんな大満足の特別授業でした。

P1160431◎僕の家においで

 

関連記事

<214215216217218>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。