情報デザイン学科

植原亮輔(KIGI)×吉田ユニ トークイベントのお知らせ!!

 

 

 

7/22(金)、植原亮輔(KIGI)氏吉田ユニ氏をお招きして、トークイベントを開催いたします。

 

 

 

 

本学専任教授である伊藤直樹先生司会のもと、

有名クリエイターの植原亮輔氏、吉田ユニ氏にさまざまな角度からお話を伺います。

国内外で非常に高い評価を得ているお二人のトークを聞く絶好の機会となります。

 

このイベントは情報デザイン学科の授業の一環ではありますが、

一般公開、入場無料なので是非とも皆さん足をお運びください!

 

 

 

 

「情報デザイン学科特別講義 植原亮輔氏、吉田ユニ氏トークイベント」

|日時|7月22日(金) 16:30 – 19:10

|会場|京都造形芸術大学 智勇館3階 BR31-33

|お問い合わせ|京都造形芸術大学 情報デザイン研究室  tel 075-791-9280

※予約不要・一般聴講自由(無料)

 

 

 

TOKKOU

 

 

■植原亮輔

北海道生まれ。多摩美術大学デザイン学科テキスタイル専攻卒業。企業やブランド、ショップなどのアートディレクション、D-BROSをはじめとした商品デザインなどを幅広く手掛け、KIKOFの立ち上げや同ブランドでの陶器製品の発表など、あらゆるジャンルを横断しながら、グラフィックの新しいあり方を探し、生み出し続けている。グラフィックデザイン会社のドラフトを経て、2012年に渡邉良重とともにキギを設立。多くの仕事が各国のデザインアワードで高い評価を受け、第11回亀倉雄策賞や東京ADC会員賞、JAGDA賞など国内をはじめ、ニューヨークADC金賞(米)、ONE SHOW DESIGN金賞(米)などを受賞。共著書に作品集『キギ/KIGI』(リトルモア)。近年の主な作品展に「キギ展 植原亮輔と渡邉良重」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2012年)、「続・キギ展 – 集合と拡散」(ヒルサイドフォーラム、2013年)、「One-off design」(Pass The Baton Gallery、2014年)ほか。

 

 

■吉田ユニ

アートディレクター、グラフィックデザイナー。1980年東京生まれ。女子美術大学デザイン科造形計画卒業後、大貫デザイン入社。ラフォーレ原宿や新潮文庫「Yonda?」キャペーン、資生堂「TSUBAKI」のデザインに携わる。2006年より、宇宙カントリーにアートディレクターとして所属。2007年に独立し広告、パッケージ、グッズデザイン、本の装幀等幅広く活動している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副手/クスモト
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

<308309310311312>