文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月29日  授業風景

津田大介×森山裕之×瀬尾傑

 
8月末は夏期集中講義の季節です。
先週は、4日間にわたって、ジャーナリストの津田大介さんによる集中講義がありました。
この講義は、文芸表現学科以外の学生や、大学コンソーシアムを通じて他大学の学生にも開放しているので、毎年いろんな学生たちが集まり、交流が生まれるのも楽しみの一つです。
 
授業では、編集についての講義がすすむ一方、
本のPOPを書いたり、インタビューをして記事にするといった実践も行います。
インタビューでは、実際にゲスト講師に来ていただき、
津田さんが対談形式でインタビューしたあと、学生たちも質問を投げかけ、それを各自が記事にまとめました。
 
IMG_4830
 
IMG_4820
 
1人目のゲストは、編集者の森山裕之さんでした。
印刷会社の営業からフリーの編集者/ライターになったお話や、「Quick Japan」の編集長をつとめられたお話、吉本興業で出版事業を立ち上げたお話、そして今年、自ら出版社STAND! BOOKSを立ち上げたことなどを聞かせていただきました。
 
IMG_4901
 
 
IMG_4925
 
2人目のゲストは、講談社の瀬尾傑さんにお越しいただきました。
瀬尾さんは、週刊現代、FRIDAYの編集者などを経て、デジタルメディアの「現代ビジネス」を立ち上げた方です。
FRIDAY時代のオフレコのお話も刺激的でしたが、これからの出版社が何にチャレンジしようとしているのかというお話が興味深かったです。
 
インタビューの詳しいレポートは、いずれ学生たちがまとめてくれることと思います。
津田大介さん、森山裕之さん、瀬尾傑さん、といった一線で活躍されている方々のお話を、学生たちが熱心に聴いていたのが印象的でした。
 
 
(スタッフ・竹内)

関連記事

<126127128129130>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。