映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年12月2日  ニュース

阪元裕吾監督作品『べー。』が学生残酷映画祭にてグランプリ受賞!!

大学生、専門学校生による、流血や人体破損等の残酷描写がある映画を募集し、上映するという自主制作スプラッター専門映画祭「学生残酷映画祭」において、映画学科制作コース3年生の阪元裕吾君の脚本・監督作品「べー。」がグランプリを受賞しました。

IMG_8737

11月20日(日)に行われました上映会において、残酷映画でありながら感動的な恋愛映画でもある点などが審査員の方々から高い評価を得、満場一致でのグランプリ受賞となりました!

阪元監督は同期のメンバーを中心としたスタッフ・キャストと、この映画祭に向け準備をし、撮影に臨んだとのこと。

それゆえに、グランプリ受賞の喜びも一入だったことと思います。

IMG_8738

ちなみに、本映画祭でのグランプリ選出は、3年ぶりだそうです。

IMG_8730

上映会・受賞の様子は公式Twitter、Facebookでご覧いただけます。

公式Twtterアカウント:https://twitter.com/gakusei_zankoku

公式facebookページ:http://www.facebook.com/gakusei.zankoku

 

さまざまな発信の場を求め活動する、若い監督たちにご期待下さい!

関連記事

<623624625626627>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。