映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年1月23日  ニュース

アクション公演『ワイト』ご来場ありがとうございました!!

皆様のおかげをもちまして、昨日アクション公演『ワイト-惨めな人間-』が無事千秋楽を終えることが出来ました。

 

03

 

キャスト及びスタッフ一同皆様に心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

15

 

本公演は映画学科「映画演技Ⅶ」(担当東山龍平先生)のアクションの授業の成果発表でもあり、また初の京都造形芸術大学瓜生山キャンパス「直心館」J41教室での舞台公演でもありました。

 

14

 

同時に3回生(8期生)主体の公演ながら、1回生(10期生)たちとダンスを中心としたアンサンブルとしてコラボレーションしました。

 

13

 

1回生の中には初めて舞台に立つ学生もいましたが、3回生たちに負けず躍動感溢れるダンスやアクションを披露しました。

 

10

 

また俳優コースだけではなく製作コースの学生も舞台に立ちアクションを繰り広げました。

 

スタッフにも3回生だけではなく、1回生、2回生の学生たちの協力がありました。

 

07

 

3回生たちは来期それぞれの卒業制作に、1回生たちはいよいよ自分たちの制作、発表活動に進んで行きます。

 

今回の舞台公演の経験を力として更なる飛躍を期待したいと思います。

 

08

 

 

そして近い将来、再びこの「直心館」J41の教室へ戻って来ることでしょう。

 

06

 

重ねて、ご来場ありがとうございました!!

 

09

 

11

 

05

 

 

 

関連記事

<591592593594595>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。