映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年1月17日  ニュース

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』21日と22日!

2回生の殺陣公演に引き続き、21日と22日、3回生(8期生)が中心となってお送りするアクション公演が、京都造形芸術大学の瓜生山キャンパス内にて行われます。

 170110_0005

 

A4_表1 のコピー

 

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』

時:2017年1月21日(土)・22日(日)両日17時開演

処:京都造形芸術大学瓜生山キャンパス・直心館J41にて!

(※映画学科のある高原校舎ではなく、瓜生山キャンパスです。)

瓜生山キャンパス案内図はこちらです。

 

A4_裏1 のコピー

 

170110_0006

 

『ワイト-惨めな人間-』は、映画演技VIIでアクションの演技を学んだ3回生の有志を中心に、アクション演技の発表の場を作りたいとの3回生・北村勇気さん(企画・脚本・演出・舞台監督・主演の5役)の発案で、公演準備がスタートしました。

現在、本番まで一週間を切り、連日の稽古は最後の大詰めを向えて、シャープな身のこなしや、共演者との間合いの精度と呼吸を研磨する時間が続いています。 

 

写真右が、北村勇気さん。

 

C1xssdNUAAAILNH

170110_0004

 

映画演技VII講師の東山龍平さんも、稽古の様子を観に来られ、アクション指導をしていただきました。

C2DFpSsUkAERmgB

 

今回、振り付け師・ダンスパフォーマーとして活躍中の渡辺彩香さんにも稽古場へお出でいただき、振り付けのアイディアやフォーメーションをご指導いただきました。

C2DGpmCVQAAjU04

 

この公演には、昨年4月に入学した1回生(10期生)の希望者も参加しています。

現在ダンス場面やアクション場面を猛特訓中です。

俳優コース10期生としては、今回が演技をお客さんに見せる初舞台となります。

 

170110_0007

 

 『ワイト-惨めな人間-』は、入場無料のカンパ制です。

2017年1月21日(土).22日(日)両日17時開演 京都造形芸術大学J41にて!

ご予約はこちら→2016eigaengi7@gmail.com

どうぞ、俳優コース有志アクション公演『ワイト-惨めな人間-』にご期待下さい。

 

170110_0002

関連記事

<605606607608609>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。