映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年1月22日  ニュース

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』本日楽日!

三回生が中心となって演じる、アクション公演『ワイト-惨めな人間-』が、京都造形芸術大学瓜生山キャンパス・直心館J41教室で上演されています。

公演は本日17時の回で終了、楽日となります。

 

C2qQMZYXEAERy9q

C2sYKc3VIAIOx7V

 

映画の世界ではアクション演技のことを、擬闘(ぎとう)とも呼びます。擬闘は、事故の起きないように全てが計算されており、それはダンスのようにも見えます。三回生(8期生)演者達が呼吸を合わせた一瞬一瞬の緊張感、そして跳躍、息をつかせぬパワーが、広いJ41教室を埋め尽くしています。重厚な擬闘、優しく軽い擬闘、8期生個々のキャラクターが生かされたアクションが、90分をあっという間に駆け抜けていきます。

 

C2pIUXKXAAAyBBl

  

『ワイト-惨めな人間-』には、一回生の俳優コースの希望者も参加し、コロスとダンスとをフルスロットルで演じています。10期生のダンスは、群舞でありながらも個々の個性が活き活きと爆発しています!

C2rPShAUcAAy8yh

 

アクション演技の授業・映画演技VIIの講師であり俳優の東山龍平さんも出演され、抑えながらもシャープな存在感を発揮しています。C2rmS7bUkAUPLhp

C2r6AeiUkAE-udW

 

お問い合わせはこちら→2016eigaengi7@gmail.com

 

『ワイト-惨めな人間-』は、入場無料のカンパ制です。

2017年1月21日(土).22日(日)両日17時開演 京都造形芸術大学直心館J41教室

関連記事

<607608609610611>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。