環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月22日  授業風景

【講評会】1回生巨匠分析!

 

こんにちは^^

 

環境デザイン学科の副手です♪

 

 

 

前回に引き続き、講評会の様子をお届けします。

 

 

 

今回は先週金曜日におこなわれた、

 

1回生の「巨匠の住宅分析」という課題の講評会です。

 

 

RIMG0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代建築のなかで名作と呼ばれる4つの住宅の中から一つを選択したうえで、

 

設計の核となるコンセプトや、空間の幾何学的な分析といった発表を行います。

 

 

この課題を通して、設計を進める上で重要なコンセプトづくり、

 

図面や模型といった成果物を制作するスキルの習得をしていきます!!

 

 

RIMG0013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択する4つの住宅は

 

 

ル・コルビュジェの「サヴォア邸」

 

フランク・ロイド・ライトの「落水荘」

 

ミース・ファン・デル・ローエの「ファンズワース邸」

 

アルヴァ・アアルトの「マイレア邸」

 

 

の中から一つ選び、実際に図面を見て、模型を制作し、

 

設計に行き着くプロセスを学び、建築のつくり方を学びます。

 

 

 

そして、次の課題である住宅設計ではそれらを生かし、初めての建築設計課題に取り組みます!

 

 

 

 

RIMG0026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのグループはコルビュジェの「サヴォア邸」をつくっています^^

 

ルーバーまで細かく作られています!!

 

 

 

今回はグループワークでしたが、次の課題はひとりひとり1/50スケールで模型をつくり、

 

1/100スケールの図面を描いていきます。なかなかハードな課題ですが、頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

関連記事

<2021222324>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。