マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月11日  授業風景

木岐彩香先生と別冊マーガレット編集部による特別授業!

本日の「文化概論I」は、集英社『別冊マーガレット』で「あなたとおとなごと」を連載されていた木岐彩香先生と編集部の方による特別授業でした!

「あなたとおとなごと」は現在単行本が発売しており、高校生だけど大人びた見た目の女の子と、いじられ系男子のピュアな恋模様が描かれた作品です。

木岐先生授業

まず初めに、木岐先生の投稿暦やデビューに至るまでを話してくださいました。

マンガを描き始めたのは高校を卒業してからとのこと。絵は描いていたものの、マンガを描いたことは全くなかったそうです。

最初は『りぼん』に投稿し、投稿2作目で担当編集者がついて順調かと思いきや、そこからなかなか思った結果が出ず、悩まれた時期もあったとのこと。

等身大の恋愛を描くことが好きということで『別冊マーガレット』に投稿先を変え、編集の方と二人三脚でデビューを目指し、見事デビューを勝ち取られました。

 

編集部の方によると、絵の練習だけではなくストーリーや話の着眼点・見せ方など伸びしろが新人賞の入賞には大事なのだとか。

賞に直結しそうなお話に、少女マンガ志望ではない学生たちも興味津々でした。_mg_5098_1024

そんな木岐先生がマンガを描く上でのポイントは【キャラクター】とのこと。少女マンガは少年マンガなどに比べて、キャラクターよりもストーリーや心情の描写に重きを置く傾向にあるそう。

しかし、先生はキャラクターの外見も内面もしっかりと設定を練り、魅力あるキャラクターをまず作ります。

そこからはこのキャラクターならどう動くかな?と想像しながらお話を考えているそうです。

ストーリーの作り方に悩んだり、行き詰ったときに思い返して参考にしたいお話でした!

 

1年生の中にも木岐先生のように高校を卒業して大学に入ってからマンガを描き始めた…という学生もいると思います。

しかし、今回の特別講義で自分の持ち味を生かしてマンガを描き続ければ必ずデビューできるんだ、ということがわかり、マンガを描くモチベーションが上がったのではないでしょうか!

 

_MG_5130

そして最後には一人ひとりサインをしていただきました!作品の感想を伝えている学生も。

木岐先生、担当編集者様、本当にありがとうございました!

関連記事

<8990919293>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。