マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月14日  授業風景

【特別授業】コミックマーケット95に向けて

「編集・デザイン基礎」では、毎年、世界最大の同人誌即売会『コミックマーケット』に出展しています。

5/11()の授業では、そのコミックマーケットを主催する有限会社コミケットの

企画・広報室長の里見直紀先生による特別講義を実施しました。

 

 

大規模な同人誌即売会は台湾や香港などアジア圏でも近年開催されるようになり、

東京ビックサイトでの『コミックマーケット』でも5,6程年前から海外からの参加者が激増しているとのこと。

同人誌即売会に参加したことがある学生は多いもののコミックマーケット内で流通する同誌の冊数や

参加者の規模など里見先生からしか得られない情報もあり、話を夢中になって聞く学生も多かったです!

 

DSC_0638

同人誌を描いた経験があるプロマンガ家は全体の約半分と多くの作家さんが通る道だそうで、

里見先生がお持ち頂いた同人誌と一緒に紹介してもらいました!

 

 DSC_0649

里見先生のコレクションで一番人気があったのは巻物型の同人誌です。

なんとこの同人誌は20mにわたって130人のキャラクターを紹介したもの!

教室の横幅以上に長い巻物を広げる係りと巻く係りに分担して閲覧しました。

ちなみにこの同人誌は里見先生も一瞬購入をためらったほどの価格でした!

 

 

40年以上前、個人で作品をなかなか発表する場所が少ない時代にスタートし、

今では50万人を超える人が集まる巨大イベントへと成長したコミックマーケットは

高校生から70代まで幅広い年代の人々が参加し自身の世界観を表現するすべての可能性を広げる場所だそうです。

里見先生の話を聞いて新しい作品を作りたい!と思う学生は多かったのではないでしょうか。

 

関連記事

<7778798081>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。