美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月25日  授業風景

【染織テキスタイル】革のテクニック

頭を使いながら、手を動かす事は、

 

簡単そうで意外にも難しい。

 

3本の紐を編むのは、おさげ時代を通過してきた私たちには簡単ですが、

 

紐が4本、6本、8本と増えて行くと、

 

こりゃまた、どうしたことか、難しいものでなかなか、編む事ができません。

 

 

IMG_9007

▼今日の先生は、松山茂先生

革 のバックを制作してらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15

▼先生の作品。

全部革、編みの技術を使って作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9013

▼では、学生さんの制作風景を紹介しましょう。

 

3本編みです。

 

まだまだ、余裕の笑顔ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9016

▼ 6本編み

 

だんだん難しくなってきます。

資料をまじまじ見ていますが…。

 

時間だけが過ぎて行きます。

 

技術はシンプルだけど…難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9025

▼こちらでは、いろんな色の革紐を選んでいます。

 

革にもいろいろな種類があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9027

▼キムさん、リズムをつかんできました。

どういう、構造で編まれているか、頭で理解した様子!

 

 

この技法をマスターすれば、ブレスレット、時計のベルトのようなアクセサリーや、

鞄も持ち手など、デザインのバリエーションが一気に増えます。

布+革 というように、革でピリッとスパイスを加えるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9068

▼頭を使って、構造を理解し、手を動かして作る。

今日は良い訓練になりました。

 

また、1つ新しい素材と技術に出会いましたね。

どんどん、自分の作品に取り入れてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副手:本田でした。

関連記事

<608609610611612>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。