美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月28日  授業風景

【染織テキスタイル】夏フェスTシャツだって自分で作れちゃうんだぞ!

おはようございます。

染織テキスタイル 副手の本田です。

2回生 染めクラス!

今、めちゃめちゃかっこいい!Tシャツを作っています。

しかも、生地から自分達のオリジナルです。

 

 

▼シルクスクリーンプリントの技術を学びました。

色糊の粘り、なかなかプロっています。

 

 

 

▼片山さんの笑顔 良いですね。

木がいっぱいの模様がとてもおもしろい。

 

 

 

▼伊藤さん、色に悩んでいます。

 

 

 

▼次に型を置く時に糊がついてないか、確認。

ついてたら、しっかりと糊を取ります。

 

 

 

▼池田さん、かわいい色ですね。

似合いそう。

 

 

▼柄をリピートする方法。

シルクスクリーンプリントの技術には必須の知識です。

 

 

▼豆です。

 

 

 

▼糊はゴムベラのようなモノで置いていきます。

名前はスキージー。

外人さんの名前みたいですね。

 

 

▼左の感じのTシャツになる予定です。

右側は型紙です。

 

完成が楽しみです!!!

 

 

 

 

 

 

関連記事

<597598599600601>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。