情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年6月22日  イベント

1日体験入学のレポート【ビジュアルコミュニケーションデザインコース編】

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

 

前回に引きつづき、612日に行われた1日体験入学の模様をお届けいたします!

今回は、ビジュアルコミュニケーションデザインコース編です。

イラストレーションコース編はこちら

 

_MG_6926

授業はまず、ウォーミングアップの課題から始まりました。

ひらがなの『あ』を何も見ずに「明朝体」と「ゴシック体」で書いてみよう!という課題です。

 

どちらも普段見慣れている書体なのですが、いざ思い出して書くとなると、

どんな形だったっけ?と意外とはっきり思い出すのが難しいようです。

皆さんそれぞれに思案をしながら取り組んでいました。

 

_MG_6910

 

_MG_6932

答え合せは丸井栄二先生による実演で行いました!

想像通り書けた人、少し違った人、さまざまだったかと思いますが、これで二つ書体の名前が覚えられましたね!_MG_6902

同じ『あ』でも、明朝体とゴシック体では、受ける印象が随分変わることがわかります。

この受け手に与える印象について考えることが、デザインを学ぶことへの第一歩なのです。

 

 

 

次の課題は少しレベルアップした応用編です!

授業で配布された「サインペン」の特徴的な部分を探し出し、

その部分を紙面のどの位置に描くか、さらに自分が伝えたい特徴をどの書体で伝えるか、

ビジュアルと文字のみでデザインを完成させます。

 

 

_MG_6916

_MG_6982

 

_MG_7004

たくさんの書体の一覧を参考にしながら、

自分で伝えたいイメージを頭に浮かべて皆さん奮闘しているようでした。

 

完成した課題は、机に並べて合評会を行いました。

皆自由に作品を見てまわり、他の人の作品に興味津々で意見交換を行っているようでした。

 

 

_MG_7006

短い時間ではありますが、実際に大学の授業を体験することで

自分の大学生になった姿がリアルに想像できたのではないでしょうか!

 

 

1日体験授業は7月にも行われます、興味がある方はぜひご参加ください。

詳細はこちら→

 

 

 

 

スタッフ/ウコン・クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<8384858687>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。