情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年6月14日  授業風景

情熱大陸にも出演!「2.5次元ミュージカル」の仕掛け人、松田誠氏、情報デザイン学科に登場!!

 

5/31の「情報デザイン概論1(渡辺広之学科長担当)」では、

話題の仕掛け人、ネルケプランニングの松田誠会長に、お越しいただき、特別授業を実施しました。

 

京都造形芸術大学5月30日松田誠さまご講演記録写真IMG_8303

松田誠さんは、演劇プロデューサーとして、数々の演劇やミュージカルをプロデュースされてきた方で、現在は『2.5次元ミュージカル』、「テニスの王子様」、「NARUTO-ナルト」等、舞台化の第一人者として活躍されております。

授業では、松田誠さんの演劇の世界に入ったきっかけから、具体的な演目に関する紹介、更には松田流の仕事術など、なかなか聞けないエピソードも満載の授業となりました。

 

京都造形芸術大学5月30日松田誠さまご講演記録写真IMG_8329

 

授業の後半は本年から情報デザイン学科の客員教授に就任された杉本先生とのトークセッションにより、参加してくれた学生の皆さんからの質問に答えながら、演劇業界を志す時の注意点や松田誠さんが京都で進めているプロジェクトのお話なども飛び出して、大変盛り上がる授業となりました。

 

京都造形芸術大学5月30日松田誠さまご講演時記録写真IMG_8331

松田誠さんからは演目コンテンツを選ぶ時の重要なファクターとして

  • 話題性(世の中で話題になるか)
  • 斬新性(今までに類をみないか)
  • 経済性(ビジネスになるか)

この3つの内、少なくとも2つ以上が成立しているものを選んでいると指摘があり、

これから社会に出てゆく学生の皆さんに対するメッセージとして、

「自分の夢を大切にして、先ずは夢に向かって行動すること・・・そして、苦しくなったら、立ち止まって考えて、そして更に行動すること。」をお話し頂きました。

 

京都造形芸術大学5月30日松田誠さまご講演記録写真IMG_8312

今回の授業は「情報デザイン学科」のみならず、「舞台芸術学科」、「キャラクターデザイン学科」の学生にも声をかけ、近い将来、本学から、松田誠さんと一緒に演劇やミュージカル等のエンターテインメントをプロデュースできる学生が出てくることを期待せずにはいられない一日となりました。

 

松田誠さん、本当にありがとうございました! またぜひお越しください!!

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

<1718192021>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。