映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年9月7日  ニュース

荻島健斗監督作品など3作品が「MOOSIC LAB 2018」に参戦!!

11月に開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」の「長編部門」に、映画学科卒業生の荻島健斗監督(5期生)、「短編部門」にガールス映画監督ユニット「破れタイツ」としても活躍中の吐山ゆん監督(2期生)、在学生の矢部凜監督(10期生)の3人の作品が参加します!!

 

01

 

「長編部門」への参加の荻島健斗監督『青のハスより』は人気スリーピースバンド「Wisely Brothers」とのコラボで、主演を栗原類を務め、大友律、渡辺祐太朗、清水くるみが共演します。

 

main01

 

本作品には数多くの映画学科卒業生や在学生がスタッフとして参加しています。

 

 

 

「短編部門」に参加するのは吐山ゆん監督が「℃-want you!」とのコラボで『ゆかちゃんの愛した時代』、矢部凜監督はジョニー大蔵大臣(「水中、それは苦しい」)とのコラボで『リビングファミリー』です。

 

yabegumi

 

開催は11月17日(土)から12月14日(金)で、 新宿「K‘s cinema」と渋谷「アップリンク」の2会場で行われる予定です。

 

詳細など随時お知らせしますのでご期待下さい!!

関連記事

<343344345346347>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。