キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年10月31日  イベント

内定者パーティーが行われました!

こんにちは。キャラクターデザイン学科の副手、山崎です。

 

1026日、大学内の展示ホール「ギャルリ・オーブ」にて4年生が就職活動を振り返りながら3年生にアドバイスを行う「内定者パーティー」が行われました。

 

3年生は「あれも聞きたい!」「これも聞いてみたい!」とメモ帳とペンを持ち、自分の興味のある領域の先輩のもとへ。

 

写真1

 写真2

 

 

「ポートフォリオづくりに、こだわったところを教えてください!」

「先輩がその会社を選んだ理由を教えてください!

 

と積極的に先輩に話しかける3年生。

内定者パーティーという場で今の自分の考え方や疑問を整理しながら、先輩と会話することが、今の3年生にとって、すでに社会に出ていく意識に繋がっているのだと感じました。

 

自分の就職活動が人の活動の支えになるのかと、つい熱が入る4年生。

3年生の積極的な質問に対して身振り手振りで熱心に答えていました。

 

 写真3

 

パーティーで用意されたご飯を食べながら、楽しそうに就活の話をする学生もいました。

ゆるやかに、就職について語り合うことで、就職に対しての不安や悩みが「チャレンジしていこう」というポジティブな思いに変わっている様子が学生の表情から伝わってきました。

 

 写真4

 写真5

 

 

 

先輩の作品をみて、後輩がその技術に憧れ学んでいく、「作品を通しての先輩後輩の関係」がありながらも、先輩の活動を参考に後輩が自身の道を切り開く「活動を通しての先輩後輩の関係」も生まれているのだと3年生も4年生も互いに気づくことのできる時間でした。

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。