映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年3月15日  ニュース

2作品が第1回「京都デジタルアミューズメントアワード」で受賞!!

今年第1回目となりました「京都デジタルアミューズメントアワード」で映画学科で制作された2作品が受賞し、3月13日(水)に授賞式が開催されました!!

 

IMGP5130

 

受賞したのは2017年度卒制作品である工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』と、やはり2017年度のゼミ作品である中田侑杏監督『京』の2作品です。

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0001

 

工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』は去年「PFFアワード2018」他、数々の映画祭で受賞をしましたが、今回は協賛企業賞である「松竹賞」を受賞しました。

 

工藤監督はじめ関係者が参加出来なかったために、代理として映画学科の鈴木卓爾先生が列席しました。

 

松竹賞

 

中田侑杏監督『京』も去年の第27回「レインボー・リール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜」のコンペティションに入選し上映された他、「アジアン・アメリカン国際映画祭」の「ショートプログラム・青年部門」にも入選しニューヨークでも上映されました。

 

今回は「大学コンソーシアム京都賞」を受賞し、監督とスタッフとして参加した川島千京さんが列席しました。

 

IMGP5166

 

これら映画祭での受賞は映画学科の後輩たちの力強い励みとなります。

 

これからも映画学科の学生たちにご期待下さい!!

 

関連記事

<3839404142>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。