こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2012年11月8日  ニュース

【一次審査通過】西脇大祐さん|こども芸術学科ニュース


卒業生、大阪府のCMコンテスト『OSAKA LOVERS CMコンテスト2012』一次審査通過!!



今日も嬉しいお知らせです!

今年の春、こども芸術学科を卒業した2期生の西脇大祐君。

西脇君は在学中から音楽や絵がうまく、ちょっととんがっているところと、繊細な優しさを兼ね備えたナイスガイでしたが、現在は、大阪の「ワークセンターとよなか」という授産施設のスタッフとして働いています。

彼の働きぶりについては、本人が改めて卒業生リレーメッセージに寄せてくれるのを期待するとして(笑)…

働き出して、まだまだ忙しいかと思いきや、しっかり制作もしております!
大阪府の主催する「OSAKA LOVERS CMコンテスト2012」に、平凡な?故郷「北摂」をこよなく愛する作品「北摂の詩」をエントリーし、なんと、

一次審査を通過しました!

OSAKA LOVERS CMコンテスト2012
http://www.osaka-museum.jp/cmcontest2012/secondary.html

一般の部では10作品の中に入り、二次審査にノミネートされます、パチパチ。
そして、見事大賞を受賞すると、プロと一緒にTVCM作りに挑戦できる!というもの。

こうやって働きながらもコツコツ積み重ねていけば、いつかは芽が出ると信じて夢をつないでいってほしいと思います。ガンバレ、われらが西脇君!!

興味を持った皆さん、参加してみませんか?
あなたもノミネート作品を見て、気に入った作品をみつけてクリック!


(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2012年10月26日  ニュース

【受賞】関戸望さんが準大賞|こども芸術学科ニュース


デッサン大会で3年の関戸君が準大賞!



今日はとても嬉しいお知らせです!
ギャルリ・オーブ前で開催された「ミロのヴィーナス」デッサン大会で、こ学の3年次生、関戸望君がなんと準大賞に選ばれました!!

デッサン大会1

「ミロのヴィーナス」デッサン大会は今年で8回目です。

ルーブル美術館にある「ミロのヴィーナス」のホンモノの大理石彫像から型を取り、その一番型から複製されたのは世界でも3体しかないという石膏全身像。そのうちの貴重な1つが、縁あって京都造形芸術大学に寄贈されたことをきっかけに始まりました。

参加者は美術工芸学科や通信教育部の学生さん、大学院生など専攻を超えた広がりで総勢約50名、そのなかでこ学も7名が参加して頑張りました。大賞はさすが、洋画コースの4年生が射止めました。そして、こ学の3年生、関戸君が準大賞に!

準大賞以上には賞金も。次の制作にいい画材が買えますね。
受賞作品3点は、しばらくの間、人間館NA棟の1階ラウンジにて展示される予定です。

デッサン大会2

講評風景



審査員の一人で「デッサンの鬼」と呼ばれる?木村克朗先生からは、
「デッサンは、描き方は何でもいいんだ。ガツガツ描いてもいいし、点々を打ってもいいし、自分なりの方法で工夫すること。それより、デッサンとは、ものの見方のことなんだよ。観察し、感じ、表現することの奥深さを探求して欲しい。」との総評がありました。
そして、「こども、頑張ってるね!」と褒めていただきました。
木村先生、「こども」って..「こ学」と呼んで下さい(笑)!!

こ学の学生はデッサンだってすごいんです。
受賞は逃したけど、参加して頑張ったこ学の学生さんもお疲れさまでした!

これを読んでいる皆さんにも、チャンスがあるかも知れません。
来年のデッサン大会目指してデッサンを積み重ね、また頑張りましょう!


(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2012年9月4日  ニュース

原坂一郎先生の夏季集中授業|授業風景


原坂一郎先生の夏季集中授業「こどもとあそび」の授業が行われました。



5日間の毎日が、こどもとの遊びの実践で盛りだくさん!
午前中は講義にて、保育のお話、こどもへの接し方など、様々なお話をしていただき、
午後からは、身体を使った遊び、創作、発表の時間でした。

原坂一郎先生1
原坂一郎先生2

例えば、封筒を使って人形をつくり、即興の人形劇をしたり、使い捨て用の傘袋を使って、風船にして遊んだり、紙芝居をつくって、みんなで発表したり。

原坂一郎先生3
原坂一郎先生4
原坂一郎先生5
原坂一郎先生6
原坂一郎先生7

即興で劇をすることに躊躇してしまう学生たちに向かって、
原坂先生は、「大人のように難しく考えずに!考える時間があるほど、難しくなっていきます。
こどもは、ただ“あいさつをする”とか“自己紹介をする”(人形の)だけでも十分に楽しんでくれますから!」などなど、
数え切れないほどの保育の実践のアドバイスが、授業中に学生たちに投げかけられていきました。
この数日間で、学生の笑顔も沢山みることができたように思います。

原坂先生、5日間どうもありがとうございました!

※原坂先生のブログにも今回の授業が紹介されています。
  http://blog.harasaka.com/?day=20120826
  http://blog.harasaka.com/?day=20120830

原坂一郎先生8


(こども芸術学科研究室)

  • LINEで送る

2012年8月24日  ニュース

残暑厳しいですが・・・|こども芸術学科ニュース


今日も、各地の保育所へ訪問させていただきました。



暑いですが、子どもたち元気いっぱいです。負けるなー実習生!

さて、明日、 8月25日(土)9時30分から10時 朝日放送「Life~夢のカタチ~」 にて、
切り絵作家 早川鉄平先生が、こども芸術学科の特別講義をされた模様がオンエアされます。
ぜひ、ご覧ください。
http://asahi.co.jp/life/


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

1 24 25 26

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。