大学院

ニュース

  • LINEで送る

2019年12月13日  ニュース

KUAD ANNUAL 第3弾開催中

こんにちは、大学院準備室です。

現在ギャルリ・オーブにて開催中の『KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート:プレビュー展』(~12/15迄)に関連して、サテライト会場では大学院グローバルゼミの展覧会も開催しています。ぜひ足をお運びください。

 

 

『KUAD ANNUAL 2020 フィールドワーク:世界の教科書としての現代アート:プレビュー展』

会期:2019年12月03日(火)〜 2019年12月15日(日)

   10:00 〜 18:00(会期中無休)

場所:瓜生山キャンパス ギャルリ・オーブ(人間館1F)

 

 

 

京都造形芸術大学大学院グローバルゼミ
「RESONANCES:現代美術の動向展・リサーチ」

poster-m1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:12月4日(水)~2020年1月13日(月・祝) 12:00 ~19:00 会期中無休
入場:無料
場所:ホテルアンテルーム京都 Gallery9.5(〒601-8044 京都市南区東九条明田町7番)
ホテルアンテルーム京都HP https://hotel-anteroom.com/

 

 

 

 

・・・

 

2019年度京都造形芸術大学大学院グローバル・ゼミ共同研究「RESONANCES:現代美術の動向展・リサーチ」京都国立近代美術館は、1952年に東京・京橋に開館した国立近代美術館の分館として、1963年に開館しました。
同年に開催された開館記念展「現代日本陶芸の展望ならびに現代絵画の動向」(4月27日〜5月26日)、「現代絵画の動向—西洋と日本」展(7月6日〜8月29日)を前身に、「現代美術の動向」展は、「今日の美術の動向を全体的に展望する試み」として1964年4月4日〜5月10日の日程で開催され、以降1970年まで毎年続けられました。

「絶えず既成の形式の打破と個性的なイメージの発掘をめざす」現代美術の多様な様相を踏まえ、各年に注目された新しい表現を絵画と彫刻を通して展覧するものでした。
これらの展覧会が開催された7年間は、戦後復興から経済の高度成長期にあった日本が、1964年の東京オリンピックから1970年の大阪万博に向けて、世界各地から注目を浴びていた時期でした。また国際的な美術の動向としては、ポップアート、コンセプチュアルアート、ミニマルアートなど多様な表現が拡がった時期でもありました。
「RESONANCES:現代美術の動向展・リサーチ」は、京都造形芸術大学大学院グローバル・ゼミ初の共同研究として、この7年間に見られた日本の現代美術の状況を、出展作家および作品、展示風景写真、掲載記事、出展作家へのインタビューなどから紐解き、当時の京都で見られた最新の「現代美術の動向」が、今日の現代美術の様相とどのように共振するのかを探る試みです。

 


【グローバル・ゼミ・リサーチ・チーム】(順不同)
塚本淳 / Nicholas Locke(ニコラス・ロック)/ Leia Loach(リーア・ローチ) / 劉妍葶(リュウ イェンティン)
Loana Gatti(ロアナ・ガッティ)/ 黃韶安(コウ・ショウアン) / 小池千彩美 / 梶原瑞生 / 石井潤一郎

主催・企画:京都造形芸術大学大学院 グローバル・ゼミ
監 修:片岡真実 / 中山和也
共催:ホテルアンテルーム京都
企画協力:京都国立近代美術館
協力:京都造形芸術大学ウルトラファクトリー

 

  • LINEで送る

2019年12月6日  ニュース

ヨコハマトリエンナーレ2020に修了生が選ばれました

ヨコハマトリエンナーレ2020のアーティストとして、修了生の新宅加奈子さんが選出されました!

 

「生きていることを確認するための行為」として自らの裸体に絵の具を纏う姿を、写真やパフォーマンスで発表している彼女は、ヨコハマトリエンナーレではどのようなパフォーマンスをみせてくれるのでしょうか。

 

 

ヨコハマトリエンナーレ2020

「Afterglow―光の破片をつかまえる」

logo_1128[1]

 

 

会期:2020年7月3日(金)~10月11日(日)
※開場日数90日
※毎週木曜日休場(7/23、8/13、10/8を除く)

会場:横浜美術館 横浜市西区みなとみらい3-4-1
   プロット48 横浜市西区みなとみらい4-3-1(みなとみらい21中央地区48街区)

主催:横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会

 

ヨコハマトリエンナーレHP:https://www.yokohamatriennale.jp/2020/

ソースブック:sourcebook_jp(PDF)

 

 

 

 

・・・

 

新宅 加奈子 Kanako SHINTAKU(2018年度修了生)

 

2019よりKAGANHOTEL アーティストレジデンス所属

 

ーーーー

statement

時々私は裸になって絵の具を全身に纏います。

皮膚の上で混ざり合う絵の具は、私が私である事を超え、人間という身体を持った存在である事も忘れさせます。

それは単なる欲求うや衝動ではなく、自分が自分として生きていく為に必要な行いとして始まりました。

むしろ、儀式のようなものだったのかもしれません。

私の日常のなかで現実感が希薄になり、放っておくと、「今ここにいる」という実感が徐々に失われていき、その恐怖で、私の心身は硬直してしまう事があります。

その為、私はこの儀式を繰り返す事により、そのような恐怖を取り除き、そして確かに生きている事を確認しているのです。

Sometimes I cover myself with paint.
When I cover myself with paint, I go through the experience of mind tripping almost like a reincarnation––it makes me forget of who I am, and the fact that I have a body of human being. 
The experience of mind tripping helps me to ease the fear that I always have in my mind–I constantly face the fear of fading sense of my existence everyday.
The act of covering myself with paint is like a ritual practice that is necessary in my life, not only to lessen the fear towards the fading sense of my existence in this world, but also to remind myself that I exist in this world,right at this moment, and therefore I’m still alive.

新宅加奈子HPより抜粋

https://piyoko-art49.wixsite.com/shintakukanako

  • LINEで送る

2019年11月8日  ニュース

展覧会「和中庵を読むー近代邸宅の行間ー」開催のお知らせ

和中庵を読む

ー近代邸宅の行間ー

 

和中庵を読むオモテ

 

 

 

2018年度から三ヶ年で実施されることとなった〈和中庵プロジェクト〉では、京都造形芸術大学の大学院生、学部生、卒業生、教員による多様な専門領域の作品を展示公開しています。

昨年12月に第1回目の展覧会が実施された際、プロジェクトの参加者は〈一つの建築は一冊の書物として考えられる〉という提唱を共有して、和中庵がもつ歴史と空間的特色をそれぞれの視点から読み解き、アートやデザインの作品として和中庵の空間に展開させました。

昨年の「和中庵を読む」試みは、今回の第2回展でも踏まえられ、新たな参加者を加えた「近代邸宅の行間」と題する展示企画へと繋がっています。

鹿ケ谷に立地する美しい歴史的邸宅とその内外で展開するユニークな作品群を、ぜひご高覧ください。

 

【展示内容】

絵画、立体、写真、サウンドインスタレーション、テキスタイル、ガラス工芸、映像、テクスト、光を用いた空間表現、庭園調査報告、茶会プロデュース、etc.

 

【第2回〈和中庵プロジェクト〉参加者】

大学院芸術研究科芸術専攻(博士課程)

小山 龍介 RYusuke Koyama

曽 品ウン Tseng, Pinyun

田辺 真弓 Mayumi Tanabe

田中 宏治 Koji Tanaka

姚 シュウ Yao, Chong

 

大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)

菱野 裕馬 Yuma Hishino

陳 ゲントウ Chen, Yan-Tong

 

大学院芸術研究科研究生

アーロン・カープ  Aaron Karp

 

卒業生(ゲスト・アーティスト)

櫻井 彩 Aya Sakurai

 

そのほかにも学部生、教員の作品も多数展示されています。

 

和中庵参加者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:2019年11月7日(木)ー11月17日(日)

   午前10時~午後5時(会期中無休/最終日は午後4時まで)

会場:和中庵京都市左京区鹿ケ谷桜谷町

 

会期中イベント

日時:2019年11月9日(土)

   13時~15時 出展者による作品解説

   15時30分~17時 レセプション          

 

和中庵ホームページ:http://wachuan.notredame-jogakuin.ed.jp/index.html

 

 

主催:京都造形芸術大学/京都造形芸術大学大学院

協力:ノートルダム女学院中学/高等学校

 

 

 

 

・・・

 

〈和中庵プロジェクト〉は、歴史遺産である和中庵の新たな価値創造を重点課題とし、京都造形芸術大学特別制作研究費助成「芸術による近代建築・庭園遺産の活用ー学科・領域横断型展覧会の開催」(2018年度~2020年度/研究者代表:仲隆裕/共同研究者:八幡はるみ、松井利夫)により実施されています。

  • LINEで送る

2019年11月1日  ニュース

HOP 2019 開催中!(~11/11まで)

こんにちは、大学院準備室です。

昨日よりHOP 2019展がはじまりましたので、少しだけ写真にて様子をお伝えします。

大学院芸術研究科芸術専攻1年次生69名の作品をぜひご覧ください。

ご来場、お待ちしております。

 

 

IMG_8192IMG_8191IMG_8188IMG_8187IMG_8186IMG_8189

 

 

HOP(ホップ)展 2019 −京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生 作品展

会 期:2019年10月31日(木)〜11月11日(月) 10:00〜18:00

    会期中無休

会 場:Galerie Aube ギャルリ・オーブ

   (京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階)

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月25日  ニュース

在学院生の展覧会情報

こんにちは、大学院準備室です。

在学院生の展覧会情報をお知らせします。

 

・・・

 

青木ゼミ生による展覧会

「正常を再構成 302展」

 

IMG-3959IMG-3960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会 期:令和元年11月5日(火)~11月10日(日)
    AM11:00~PM6:00 (最終日は17:00まで)

会 場:Art Space MEISEI

    (京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町3

ギャラリーホームページ:http://art-meisei.jp/index.html

 

 

◆出展作家

川瀬 美帆(修士1年次)

范沄涛(修士2年次)

高畑 彩佳(修士2年次)

高 資婷(博士1年次)

 

 

 

青木ゼミ展によせて

江戸時代の鎖国こそ日本美術を独自性ある発展をさせ、京都で花を咲かせました。
奈良から大津そして京都へと遷都された大きな理由は、豊かで良質の水を求めたことによります。
世界でも類を見ない良質の軟水は、和紙、墨、膠、顔料製造には鉄分を含まない軟水は大きく影響してきました。

生まれ育った環境と京都という地域性から生み出される表現を、過去と現在を俯瞰し解りやすく言語化することは 日本美術の大きな課題として青木ゼミ生たちは受け止めています。
何よりも技法や材料、その使い方と作品のコンセプトを乖離して考えることは出来ません。
歴史的表現の裏付けを現代の科学で検証し、最先端素材の応用を提案する青木ゼミ生の表現に期待したい。

 

京都造形芸術大学教授、京都技法材料研究会会長 青木芳昭

 

 

 

 

・・・

 

デザイン領域イラストレーション分野2年次生の張 晨雪 Chenxue Zhang さんが出品している展覧会です。

 

 

DELIRIUM デリリウム

Opportunity to bring back human instincts

ー本能を呼び覚ますアート展ー

デリリウム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の素が露わになった瞬間、社会から排除される現代。ときに人間の脳と心を覚醒させ本能を呼び起こことも必要ではないでしょうか。アーティスト達は個々の原点へと回帰し芸術により日常の抑圧から解放されます。鑑賞者にも作品を通じて脳と心を解放する機会を提供します。

 
Manifesto
秩序とは何か。
秩序正しく生活する世の中で、息苦しさを感じる人、居心地の良さを感じる人もいるだろう。
人間の素が露わになった瞬間、社会から排除される現代では、抑圧されることは正義ともいえる。
戦争や社会不安から、前衛美術からの反動のように秩序の回帰という芸術運動が起こった。コンセプチュアルアート以降は、鑑賞者は芸術と向き合い人間の精神の奥深さと対峙することで、人間のインテリジェンスを刺激しようとする。現代人にとってこれは必要なプロセスであろう。
しかし、この混沌とした情報社会の中で、人間の本能はどこへ行ってしまったのだろうか?ときに、人間の脳と心を覚醒させ、本能を呼び起こすプロセスも必要ではないだろうか?芸術により抑圧から解放されたエッジの中で感情を揺さぶろう。そして、また日常へ戻れば良い。
同時代においてアーティストは常に表現方法を模索する。ここでは、「人間の本能を呼び覚ます」ことを目的にした芸術活動を提唱する。

 

展覧会概要は、渋谷ヒカリエHPより引用しました。

 

 

会期2019 年11 月26 日(火)~12 月5 日(木)

   11:00 – 20:00 ※10 日間
開催場所渋谷ヒカリエ 8/CUBE 1,2,3

     (東京都渋谷区渋谷2-21-1

 

入 場 料:無料

オープニングパーティ:2019 年11 月25 日(月)

           19:00-20:00 どなたでも参加できます。

 

Evolve Art & Design Japan ホームページ:https://member.evolve.or.jp/

 

主催:一般社団法人Evolve Art & Design Japan

お問い合わせ:info@evolve.or.jp

 

 

 

 

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。