大学院

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月30日  ニュース

修了生の活躍:交わるいと 「あいだ」をひらく術として

こんにちは、明日からもう12月ですね。

今回は、修了生の宮田彩加さんの展覧会のご紹介です。

広島と遠方ですが、寒い毎日、心に響く暖かさを感じに行かれてはいかがでしょうか。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

宮田彩加

 

交わるいと 「あいだ」をひらく術として

 

織物の大半は空気でできています。織物の質量のうち繊維が占める割合は通常2050%に過ぎず、繊維を撚って糸を紡ぐにも、糸と糸を交わらせて布を織るにも、そこには必ずすき間ができます。そのすき間、空間があるからこそ、布は薄く軽やかで、伸び縮みして丈夫で、あたたかくあることができるのです。糸と糸がどのように交わって、どのような形のすき間をつくるのかによって、布の布たる所以が生まれ、その性質や表情もできあがっていきます。 この展覧会では、糸や布、繊維を素材に制作を続ける15人と1組の作り手たちによる営みを紹介します。伝統工芸から現代美術、デザインまでジャンルはさまざま。それらを貫く導きの糸としたいのが、精神病理学者の第一人者であり臨床哲学の先駆者でもある木村敏の次のような言葉です。「自己とは、自己と他者とのあいだ ―現在の事物的世界とのあいだだけでなく、当面の他者とのあいだ、所属集団とのあいだ、過去や未来の世界とのあいだなども含む― の、そしてなによりも自己と自己とのあいだの関係そのもののことである」(『関係としての自己』みすず書房、2005年)。つまり糸や布と向き合うことで、自己そして人の生のあり方をふかく見つめてみようというわけです。 タイトルの「いと」は素材としての「糸」を意味すると同時に、作り手たちの「意図」でもあります。糸が交わって布が生まれるように、作家たちの意図が交わってこの展覧会ができていきます。さらにみなさんが会場を訪れ(あるいは会場を出て、まちを散策し)、思い思いに交わりながら「あいだ」の関係を幾重にも紡いでみてください。

 

交わるいと「あいだ」をひらく術として 展特設ウェブサイト

https://hiroshima-moca.jp/majiwaruito/

 

 

出品作家(50音順、敬称略)

上原美智子、上前智祐、呉夏枝、加賀城健、北村武資、熊井恭子、鈴田滋人、須藤玲子、関島寿子、 髙木秋子、ヌイ・プロジェクト、平野薫、福本繁樹、福本潮子、堀内紀子、宮田彩加

 

 

会期

20171222日(金)~201834日(日)

 

開館時間

10001700 ※入場は閉館の30分前まで

 

休館日

月曜日(ただし18日、212日は開)、19日(火)、213日(火)

年末年始(1227日(水)~11日(月))

 

観覧料

一般1,030820)円、大学生720620)円、 高校生・65歳以上510410)円、中学生以下無料

※( )内は前売り及び30名以上の団体料金 前売り券の取り扱い場所一覧

 

主催

広島市現代美術館、中国新聞社

後援

広島県、広島市教育員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

関連プログラム

▲2017年12月22日(金)10:30~
 出品作家によるリレー・トーク

 出品作家が展覧会場にて自身の活動や今回の作品について語ります。
 ※要事前申込、要展覧会チケット

 

▲2018年1月20日(土)13:00~17:00
 ワークショップ1「ほどいて、ひらいて」

 

▲2018年1月27日(土)、28日(日)各日13:00~17:00
 ワークショップ2「ほどいて、あみなおす」

 

▲2017年12月23日(土)、2018年1月2日(火)、1月21日(日)、2月18日(日)
 14:00~15:00
 学芸員によるギャラリー・トーク

 本展担当学芸員が展覧会の趣旨や展示の意図、作品の見方などについて解説します。
 ※要展覧会チケット、事前申込不要

 

▲毎週土曜日、日曜日、祝日
 11:00~11:30および14:00~14:30(学芸員によるギャラリー・トーク開催時は除く)
 アートナビ・ツアー

 当館アートナビゲーターが展覧会の見どころや作品の魅力についてお話しします。
 ※要展覧会チケット、事前申込不要

 

 

その他プログラムの詳しい情報・申込はこちら

https://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/majiwaruito/

広島現代美術館へのアクセス情報

→  https://www.hiroshima-moca.jp/access/

 

 

以上、広島市現代美術館HPよりご紹介しました。

  • LINEで送る

2017年11月6日  ニュース

修了生・在学生の活躍

第4回CAF(Contemporary Art Foundation)賞

 

現代芸術振興財団(ZOZOTOWN)主催の第4回CAF賞で、修士課程2016年度修了生(油画分野)の松谷しおり(小山しおり)さん大久保沙也さん、現M2生(総合造形領域)の油野愛子さん3名が入選しました。
最終審査の結果、松谷しおり(小山しおり)さん審査員賞(薮前知子・東京都現代美術館)を受賞、大久保沙也さん審査員賞(白石正美・SCAI THE BATHHOUSE代表)を受賞しました。

 

サイト
http://gendai-art.org/award4/entry.html

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

CAF賞はZOZOTOWN会長でアートコレクターの前澤友作氏が主催する、学生に向けた全国区の現代美術コンペティションで、若手の登竜門として年々注目度が高まってきています。
特に今回の第4回ではニュースでも取り上げられたように、前澤氏が123億円で落札したバスキアの作品と入賞者の作品と一緒に展示される事が話題になっています。(会期は11月5日まで)

 

数百点の応募の中から最終選考に残った16名の入選者の中で、本学大学院が私立芸大としては最多の3名、
そのうち2名が受賞者になった事は快挙です。ちなみに東北芸工大出身で現在は京都芸大大学院の皆藤齋さんは、昨年度のサマーキャンプ参加者です。

 

授賞式とパーティは代官山ヒルサイドフォーラムで多くのアート業界関係者や芸能人も来場して盛大に行われ、参加した修了生からとても良い経験ができたと報告がありました。

 

芸術研究科准教授 大庭大介

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

caf4_finalists_1019

 

  • LINEで送る

2017年10月30日  ニュース

HOP 2017 大学院修士1年生作品展

修士1年生による作品展が今年も始まります。

本学大学院に入学し更に磨かれた表現を是非ご高覧ください。

 

今年はデザインが違う2種類のDMも必見です。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「HOP 2017-京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生作品展」

会期:2017年11月2日(木) – 11月13日(月)  10:00-18:00  会期中無休

会場:Galerie Aube ギャルリ・オーブ

〒606-8271  京都市左京区北白川瓜生山2-116  京都造形芸術大学 人間館1F ギャルリ・オーブ

Tel:075-791-9122    Fax:075-791-9127    大学HP: http://www.kyoto-art.ac.jp/info/

 

 

 

2017HOP-02

2017HOP-01

 

 

 

 

「HOP 2017-京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生作品展」

 

 

 本展では、総合造形(彫刻・立体造形、陶芸、染織テキスタイル、映像メディア)、ペインティング(日本画、油画)、ビジュアルクリエーション(イラストレーション、アニメーション、マンガ、絵本、キャラクターデザイン)、デザイン(ソーシャルデザイン、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン)、建築・ランドスケープデザイン(建築、インテリア、ランドスケープ)、文芸表現(文芸創作)といった多様な専門領域・分野で学ぶ大学院修士1年次生58名が、入学以来7ヶ月間の研究・制作の考察と検証がなされ、今後の表現への可能性を確認し合います。出展者は互いに触発し合い、各自の表現をより深める好機となることを願いつつ、領域を越えての活発な批評と交流の場になれば幸いです。

 

 HOP展がこの時期に開催されるのは、次なるSTEPへと着実にかつ正確に一歩を踏みしめ、そして力強くジャンプすることを願い期待するからです。

 

 つきましては、本展をご高覧いただき、お気づきになられましたことは、学生達にご助言など賜ることができましたら幸甚です。

 

 

2017年11

京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻長(修士)

中村勇大

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

会場(大学)へは、

■JR「京都駅」より バス停への行き方
市バス5系統/岩倉行 「上終町京都造形芸大前」下車(所要時間約50分)

■地下鉄「北大路駅」(北大路駅バスターミナル)よりバス停への行き方
市バス204系統循環 銀閣寺方面「上終町京都造形芸大前」下車(所要時間約15分)(※地下鉄北大路駅へはJR京都駅より約15分)

■京阪「出町柳駅」よりバス停への行き方
市バス上終町3系統/上終町京都造形芸大前行 「上終町京都造形芸大前」下車(所要時間約15分)
叡山電車(京阪出町柳駅乗りかえ)茶山駅下車、徒歩約10分

■阪急「河原町駅」よりバス停への行き方
市バス5系統/岩倉行 「上終町京都造形芸大前」下車(所要時間約30分)
市バス上終町3系統/上終町京都造形芸大前行 「上終町京都造形芸大前」下車(所要時間約30分)

 

http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/より

本学には駐車場がありません。車・オートバイ・自転車での来学はご遠慮ください。

 

  • LINEで送る

2017年10月23日  ニュース

修了生の展覧会情報

2008年に修了した羽毛田 優子さんの展覧会のお知らせです。ギャラリー恵風は展示場所が1F・2Fとありますが、両方で開催していますのでお見逃しのないようにお願いいたします。

 

////////////////////////////

 

 

HAKETA_Yuko_dm-600x402

 

 

HAKETA Yuko exhibition

羽毛田 優子 展   または 水の姿 

会期日時:2017年10月24日(火)-10月29日(日) 月曜日休廊

     12:00 – 19:00(展覧会最終日は18:00まで)
     

  ”  相変わらず

  「にじみ」を追いかけています。

   いま居るこの場所だからこそ

       できることは何だろうと考えています。

       環境も変化して身体も変化して

       ままならないことも多いけれど、

       それすら取り込んで

       生かせるようになりたいと思っています。(羽毛田) 

 

 

会場:ギャラリー恵風 1F

606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町21ー3 (京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側)

TEL075-771-1011  FAX075-771-0358

ACCESS

[市バス]熊野神社前下車すぐ

[京阪電車]神宮丸太町駅より徒歩5分

[徒歩]京都市美術館より徒歩7分

HP:http://g-keifu.com/

 

 

 

羽毛田 優子  HAKETA Yuko

2008年  京都造形芸術大学大学院芸術研究科 芸術専攻博士課程修了

2003年  個展(0412年ギャラリーマロニエ/京都)

2004年  京都府美術工芸新鋭選抜展(05年優秀賞)

            染・清流展(第1419回出品)

2005年  VOCA2005佳作賞(上野の森美術館)

            Art Court Frontier 2005 #3(アートコートギャラリー/大阪)

2008年  個展(第一生命南ギャラリー/東京)

2011年  第29回京都府文化賞奨励賞

2015年  琳派400年記念 新鋭選抜展(京都府京都文化博物館)

            個展「にじみ」(ギャラリー恵風/京都)

          「けしき 揺れる×流れる×留める」(ガレリーアポテーケ/京都)

 

 

 

展覧会・作家情報はギャラリー恵風のHPより http://g-keifu.com/

/////////////////////////////

  • LINEで送る

2017年10月12日  ニュース

:院生の3人展: Layer³ 

大学院生の日本画:多喜 七星さん・建築:李 全さん・日本画:神谷 真千さんの3人による展示のお知らせです。表現方法の違うアーティストによるギャラリーに広がる世界が楽しみです。ぜひ、ご高覧ください。

■記事の最後に参加アーティストのプロフィール紹介があります■

 

/////////////////////////////////////////////////////

 

DM-1

 DM-2

Layer³(レイヤー)

会期日時:2017年10月17日(火)~10月29日(日)

12:00-19:00 日曜17時迄 月曜休

 

京都造形芸術大学大学院に所属する3人のアーティストによる、平面・立体表現をミックスしたハイブリッド展示。

1週目2週目ではそれぞれ作品を入れ替えます。

 

■参加アーティストより 

「レイヤー」を共通テーマに各自違う角度からの表現を試みます。日本画の平面表現と建築の立体表現のコラボで、新たな面が生まれるのではないかと考えています。3人それぞれの地層、都市、気配のテーマを層とし重ね合わせ、立体的な構造を作りあげる意味込めて「Layer³」を展示タイトルに掲げ、開催します。

                            多喜 七星 李 全 神谷 真千 
 

 

場所:Gallery TOMO ギャラリー知

604-0995 京都市中京区寺町通丸太町東南角下御霊前町633青山ビル1F

TEL075-585-4160

E-mailinfo@gallery-tomo.com

http://gallery-tomo.com/

 

地下鉄烏丸線 丸太町駅から徒歩7

京阪 神宮丸太町駅から徒歩5

地下鉄東西線 市役所前駅から徒歩7

DM-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

多喜七星

多喜 七星

1993年生まれ 滋賀県出身

京都造形芸術大学 大学院 ペインティング領域 日本画分野 2年次

2017年 第72回 春の院展 入選 第35回 明日を開く絵画 上の森美術館大賞展 入選(東京、京都)

2016年「京都造形芸術大学大学院日本画 山田伸ゼミ展耀」(河原町画廊/ 京都)

2015年 第70回 春の院展 初入選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

李全

 

1988年 生まれ 中国 広州市出身

京都造形芸術大学 大学院 建築領域 2年次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神谷真千

 

神谷 真千

1993年 生まれ 愛知県出身

京都造形芸術大学大学院 ペインティング領域 日本画分野 2年次

2017 SPURT(京都造形芸術大学/京都) グループ展 ART POINT Selection V(Gallery ART POINT/東京) 画心展 New order(佐藤美術館/東京)

2016 HOP (京都造形芸術大学 青木ゼミ展「302(Art space-MEISEI/京都) グループ展「REFLECTION(gallery little house/京都)

 

 

 

 

 

 

Gallery TOMO ギャラリー知 HP(http://gallery-tomo.com/)を参照しました

///////////////////////////////////////////////

1 2 3 7

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。