映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年4月18日  ニュース

大西礼芳さんがNTV『俺のスカート、どこ行った?』に出演!!

大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が、今週4月20日(土)からスタートするNTVの『俺のスカート、どこ行った?』に出演します!!

 

oonishi350

 

関西では読売テレビで今週末4月20日(土)の夜10時から放送ですので、ぜひご覧下さい!!

 

maxresdefault

 

大西さんは来月から全国公開される【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』にも出演されています。

 

こちらもご期待下さい!!

 

 

  • LINEで送る

2019年4月16日  ニュース

【北白派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』のHP本オープン!!

来月5月24日(金)からの劇場公開を控える、【北白派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』のHPが本オープンしました!!

 

03

 

ニュースや、スタッフ・キャストの紹介、劇場情報、ご覧いただいた方々のコメントなど紹介しています。

 

ロケ地マップもありますので、ぜひご覧下さい!!

 

05

来月5月24日(金)の劇場公開をお楽しみに!!

 

劇場情報も『嵐電』HPをご覧下さい。

 

 

  • LINEで送る

2019年4月16日  ニュース

映画学科の学生たちが参加した立川晋輔監督『I(アイ)』が「第11回沖縄国際映画祭」で上映!!

映画学科の学生たちが参加した立川晋輔監督『I(アイ)』が、4月18日(木)から始まる「第11回沖縄国際映画祭」で上映されます!!

 

06

 

同映画は「よしもと地域発信型映画」として奈良県田原本町を舞台にした作品で、4月19() も11時25分から沖縄「テンブスホール」で上映されます

 

卒業生の岡本健志さんがプロデューサーを務め、卒業生の辻凪子さん(8期生・「Dプロモーション」所属、在学生の西村風音さん(12期生)、井上真瑠さん(12期生)が出演しています。

 

またスタッフとしても卒業生の人見崇太さん(8期生)、在学生の飯田匠海さん(11期生)、三宅夏乃子さん(11期生)らが参加しています。

 

機会がある方は是非ご覧下さい!!

 

 

  • LINEで送る

2019年4月15日  ニュース

工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』が「くまもと復興映画祭2019」で上映!!

5月末の劇場公開を控える工藤梨穂監督(8期生)『オーファンズ・ブルース』が、4月19日(金)から開催される「くまもと復興映画祭2019」で上映されます!!

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0005

 

上映は4月21日(日)9時より、場所は「くまもと森都心プラザ」です。

 

当日は工藤監督と、出演者の村上由規乃さん(8期生・「T-artist」所属)、辻凪子さん(8期生・「Dプロモーション」所属)の3人が登壇します。

 

02

 

また同映画祭では、俳優コース卒業生の北村勇気さん(8期生)が出演した中島貞夫監督『多十郎殉愛記』大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が出演した行定勲監督『ナラタージュ』も上映されます。

 

詳しくは「くまもと復興映画祭2019」HPをご覧下さい。

 

機会のある方はぜひ同映画祭にお越し下さい!!

  • LINEで送る

2019年4月13日  ニュース

北村勇気さん出演『多十郎殉愛記』全国公開中!!

卒業生の北村勇気さん(8期生)が出演した中島貞夫監督『多十郎殉愛記』が、昨日4月12日(金)より全国で劇場公開中です!!

 

03

 

本作品は中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとった時代劇で、北村さんは佐七役で出演しています。

 

02

 

なお以前映画学科で殺陣の授業を受け持っていただいていた清家三彦先生が、本作の殺陣を担当しています。

 

 

 

京都では「T・ジョイ京都」「MOVIX京都」「イオンシネマ京都桂川」で上映中ですので、ぜひご覧下さい!!

 

その他の情報は『多十郎殉愛記』HPをご覧下さい。

1 2 3 102

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。