映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年8月4日  ニュース

酒井麻衣監督『荒ぶる季節の乙女どもよ。』9月8日(火)スタート!!

酒井麻衣監督(4期生)が参加する『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が9月8日(火)より放送開始されます!!

 

sakai2020_main

 

関西ではMBS(毎日放送・4CH)で毎週火曜日深夜0時59分から、関東ではTBS(東京放送・6CH)で毎週火曜日深夜1時28分からですのでぜひご覧ください!!

 

EeIukzMUwAEjSAw

 

配信もありますので詳細は『荒ぶる季節の乙女どもよ。』をご覧ください。

 

映画学科の卒業生、在学生たちの活躍にご期待ください!!

  • LINEで送る

2020年8月3日  ニュース

「グランズ」の「亀石楼」PR映像公開!!

3回生たちの映像制作集団「グランズ」が、宇治の老舗旅館「亀石楼」のPR動画『亀石物語』を制作し公開しました!!

 

 

京アニ製作「CLANNAD AFTER STORY」の聖地「亀石楼」を舞台に繰り広げられる青春喜劇仕立ての動画ですので、ぜひご覧ください!!

 

PR KAMEISHI STORY.mp4_snapshot_01.16_[2020.08.03_08.56.54]

 

これからも映画学科の在学生、卒業生たちの活躍にご期待ください!!

  • LINEで送る

2020年8月2日  ニュース

藤井愛稀さん主演、 片岡大樹監督『West End Girls』が『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020(SSFF)』にノミネート!!

藤井愛稀さん(9期生)が主演した、 片岡大樹監督(2期生)『West End Girls』『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020(SSFF)』に入選しました!!

 

03

 

この映画祭はアメリカの「アカデミー賞」公認の国際短編映画祭で、9月16日(水)から27日(日)まで東京・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ」で開催されます。

 

 

本作品は9月21日(月)の15:40~17:30のプログラム内で上映されます。

 

入場は無料ですが定員に達した場合はチケット配布がありませんので事前予約をお願いします。

 

04

 

これからも映画学科の卒業生、在学生の活躍にご期待ください!!

 

 

  • LINEで送る

2020年7月31日  ニュース

柘植勇人監督『ロストベイベーロスト』新予告編公開!!

柘植勇人監督(6期生)の『ロストベイベーロスト』の公開に先立ち新しい予告編が公開されました!!

 

 

今回の予告編は出演している村上由規乃さん(8期生・「T-artist」所属)が主演した『朝の夢』を監督した池添俊監督が制作しました。

 

01

 

『ロストベイベーロスト』は8月28日(金)より京都「出町座」で、9月12日(土)より新宿「K’s cinema」で公開されます。

 

02

 

映画製作コースと俳優コースの総力を結集した作品ですので、ぜひご覧ください!!

 

EKab_lvU4AAr27X

 

 

  • LINEで送る

2020年7月30日  ニュース

映画学科の多くの俳優たちが出演した鳴瀬聖人監督『恋の墓』情報公開!!

雅マサキさん(8期生・「Pipeline」所属)、辻凪子さん(8期生・「Dプロモーション」)、伊能昌幸さん(8期生)、上のしおりさん(11期生)、安田ユウさん(8期生・「STRAIGHT entertainment」所属)、そして監督の阪元裕吾さん(8期生)などが出演した鳴瀬聖人監督の最新作『恋の墓』のDVDBOXが9月25日(金)に発売されることが発表されました!!

 

02

 

9月には発売に合わせてイベントが予定されていますのでお楽しみに!!

 

 

これからも映画学科の卒業生、在学生たちの活躍にご期待ください!!

1 2 3 138

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。